企業

東京都交通局、駅で鍵受け渡しサービス「KEY STATION」設置!

東京都交通局は、駅の立地を活用した新たなサービスとして、スタートアップ企業のKeeylsが運営する鍵の受け渡しサービス「KEY STATION」を大江戸線の勝どき駅、月島駅、上野御徒町駅に設置することを発表しました。

「KEY STATION」は、鍵の管理、予約管理、本人確認の機能を一つに統合し、人と接触することなく鍵の受け渡しが可能なサービスです。デジタル技術を駆使して、「時間」と「場所」の自由を実現するというビジョンの元、人々が活き活きと働き暮らすためのラストワンマイルを実現するインフラを構築しています。

設置場所の選定には、駅周辺の環境が大きく影響しています。勝どき駅と月島駅は、周辺に大規模マンションが多く、家事代行サービス事業者からのニーズが高いため選ばれました。一方、上野御徒町駅は、オフィスやテナントの利用が見込まれるために選定されました。

「KEY STATION」は2017年にサービスを開始し、現在では駅やマンション、宿泊施設、コインランドリーなどを中心に全国130箇所以上に設置されています。今回の新たな設置は、そのサービスの更なる拡大を目指すもので、利用者の利便性向上に寄与すると期待されています。

導入駅及ご利用可能時間については、大江戸線勝どき駅、月島駅及び上野御徒町駅 は全日5:00~24:00。サービスの開始日は、上野御徒町駅では2023年10月24日、 勝どき駅と月島駅は2023年10月31日ともに始発からとのこと。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。