企業

神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

情報提供者
株式会社フェリシモ
Published by
編集部

神戸ポートタワーは、6月13日に来場者数10万人を突破した。これは、4月26日にリニューアルオープンしてからわずか49日目での達成となり、2016年の年間入場者数約33万人の約1/3をわずか1.5か月で達成した形である。リニューアル前の2020年の年間入場者数11.5万人も数日内に達成する見込みである。タワーの展望フロアでは、記念すべき10万人目の来場者がアナウンスされると、祝福ムードに包まれた。

記念すべき10万人目の来場者は神戸市在住の竹内祐太さん、由莉さん、柚葉ちゃん一家である。「4年前に福岡から移住して、夫婦で来場しました。2人で写真を撮った場所に子どもを連れてまた来ることができて、感慨深いです。眺めも良く、いい思い出になりました」と感想を述べた。フェリシモ ポートタワー事業部の執行役員である小池弘之は「神戸のランドマークとして、朝と夜、四季折々と何度来ても楽しんでいただけるようなコンテンツを用意しています」とコメントした。

リニューアルの魅力と今後の展望

神戸ポートタワーは、「brilliance ー赫き(かがやき)」というコンセプトを掲げ、訪れた人がますます輝きを増すような場所を目指している。リニューアルでは、新たに屋上デッキ「Brilliance Tiara Open-air Deck」が開放され、360度神戸の街を眺めながら軽食が楽しめる回転床のカフェ&バー「Ready go round」、光のミュージアム「Brilliance Museum」などが導入された。これらのユニークでインタラクティブなコンテンツがSNSで話題となり、多くの来場者を引きつけている。

神戸ポートタワー事業部の富田浩幸部長は「10万人のご来場、誠にありがとうございます。地元神戸の方々をはじめ、遠方からも多くの方々が来場され、様々な想いを持って楽しんでいただいています」と述べた。タワーの周辺にはホテルや結婚式場、メリケンパークがあり、プロポーズの場としても人気である。富田部長は「神戸ポートタワーがしあわせの象徴として、国内外から愛されるような場所であり続けることを目指しています」と語った。

神戸ポートタワーは、これからも多彩なイベントを通じて年間を通じて訪れる人々に新しい魅力を提供し続ける方針である。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施