企業

「東京ゲームショウ2023」が開催!人気国内外の最新情報や最新技術が集結

「東京ゲームショウ2023」2023年9月21日から9月24日の会期で、千葉県・幕張メッセにて開催されている。4年ぶりに幕張メッセ全館が解放されたことで、小学生以下の入場制限がなくなったことやコスプレエリアが復活した。

「東京ゲームショウ2023」のセガ/アトラスブースには、「ペルソナ5 タクティカ」と「ペルソナ3 リロード」の試遊台が設置。長年愛されているシリーズの関連及びリメイク作品ということで、等身大のアイギスのフィギュアが堂々と鎮座していた。

また、『ソニックスーパースターズ』や『龍が如く7外伝 名を消した男』『龍が如く8』など人気タイトルのアイテムも販売。会場の中でもバルーンや看板が一際、異彩を放っていた。

バンダイナムコエンターテインメントのブースには、リン・シャオユウなどのコスプレコンパニオンの方と一緒に、キャラクターのパンダがカンフーポーズを取っていた。同ブースでは「鉄拳8」の試遊台が設置されていたほか、本作のプロジェクトチーフディレクターの原田勝弘氏とゲームディレクターの池田幸平氏、プロデューサーのマイケル・ムレイ氏が出演したイベントも開催された。

そのほか、LEVEL5や、新作タイトル「Fate/Samurai Remnant」のブース、KONAMIでは「METAL GEAR SOLID: MASTER COLLECTION Vol.1」をいち早く体験できるコーナー、SQUARE ENIXには2024年2月29日に発売日が決定した『ファイナルファンタジーVII リバース』の開発スタッフステージなどが催されていた。

国産タイトルもだが、中国のゲーム開発企業が密集する1~3ホールにも多くの人が詰めかけていた。オープンワールドアクションRPG「鳴潮」(Wuthering Waves)のブースには、巨大な像やプレイ映像が流れており、新作タイトルにも関わらず足を止める人もちらほら。

同じくオープンワールドゲームの『原神』や、今秋PlayStation Storeで配信予定の『崩壊:スターレイル』などのタイトルを手掛けるHoYoverse(miHoYo)も大盛況。作中の世界観を表現したブースは華やかで、スマホを片手に撮影する人が跡を絶たなかった。

そのほか、7、8ホールではTwitchやGoogle Playといった企業が出展、9ホールはARやVRといった最新技術が体験できるブースが集中。一般開放日となった23日からは屋外のコスプレエリアが解放され、ゲーム作品のコスプレイヤーが思い思いの時間を楽しんでいたようだった。

 

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。