企業

「東京ゲームショウ2023」が開催!人気国内外の最新情報や最新技術が集結

「東京ゲームショウ2023」2023年9月21日から9月24日の会期で、千葉県・幕張メッセにて開催されている。4年ぶりに幕張メッセ全館が解放されたことで、小学生以下の入場制限がなくなったことやコスプレエリアが復活した。

「東京ゲームショウ2023」のセガ/アトラスブースには、「ペルソナ5 タクティカ」と「ペルソナ3 リロード」の試遊台が設置。長年愛されているシリーズの関連及びリメイク作品ということで、等身大のアイギスのフィギュアが堂々と鎮座していた。

また、『ソニックスーパースターズ』や『龍が如く7外伝 名を消した男』『龍が如く8』など人気タイトルのアイテムも販売。会場の中でもバルーンや看板が一際、異彩を放っていた。

バンダイナムコエンターテインメントのブースには、リン・シャオユウなどのコスプレコンパニオンの方と一緒に、キャラクターのパンダがカンフーポーズを取っていた。同ブースでは「鉄拳8」の試遊台が設置されていたほか、本作のプロジェクトチーフディレクターの原田勝弘氏とゲームディレクターの池田幸平氏、プロデューサーのマイケル・ムレイ氏が出演したイベントも開催された。

そのほか、LEVEL5や、新作タイトル「Fate/Samurai Remnant」のブース、KONAMIでは「METAL GEAR SOLID: MASTER COLLECTION Vol.1」をいち早く体験できるコーナー、SQUARE ENIXには2024年2月29日に発売日が決定した『ファイナルファンタジーVII リバース』の開発スタッフステージなどが催されていた。

国産タイトルもだが、中国のゲーム開発企業が密集する1~3ホールにも多くの人が詰めかけていた。オープンワールドアクションRPG「鳴潮」(Wuthering Waves)のブースには、巨大な像やプレイ映像が流れており、新作タイトルにも関わらず足を止める人もちらほら。

同じくオープンワールドゲームの『原神』や、今秋PlayStation Storeで配信予定の『崩壊:スターレイル』などのタイトルを手掛けるHoYoverse(miHoYo)も大盛況。作中の世界観を表現したブースは華やかで、スマホを片手に撮影する人が跡を絶たなかった。

そのほか、7、8ホールではTwitchやGoogle Playといった企業が出展、9ホールはARやVRといった最新技術が体験できるブースが集中。一般開放日となった23日からは屋外のコスプレエリアが解放され、ゲーム作品のコスプレイヤーが思い思いの時間を楽しんでいたようだった。

 

最新ニュース記事

  1. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  2. ロボットの料理宅配開始へ

  3. ワークマン、子ども服に本格参入

  4. AI悪用による選挙妨害阻止、大手IT20社が協力取り組みに合意

  5. H3ロケット試験機2号機、打ち上げ成功

  6. OpenAIが実用レベルの動画生成AI「Sora」を発表 ~テキストから最長1分の動画を生成/映像内に映ったものが物理世界にどのように存在するのかも考慮

  7. 【エン人材教育財団】受賞はクラダシとロート製薬 第4回CSA賞~20代に薦めたい『次世代型人材』創出企業〜

  8. 高速PA・SAにコンビニ型ジム「chocoZAP」設置

  9. まるで本人、ネット詐欺の「ディープフェイク」技術が向上して見分けるのが難しいレベルに【ネット詐欺に注意!】

  10. 企業の福利厚生に売店ではなくセブン‐イレブンという新発想 50㎡から出店可能で充実の品揃え 最大のウリは「レジ待ち0分」

365AIニュースセンター最新記事

  1. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  2. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  3. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  4. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  5. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  6. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  7. NTTが個人分身AI「Another Me」開発

  8. 恋愛感情が味に!?「恋AIパン」発売