動画ニュース

コロナ後の忘年会・新年会、実施率54.4%!最高は沖縄、最低は埼玉

新型コロナウィルス5類移行後、今年の企業における忘年会・新年会の実施率が54.4%であることが、東京商工リサーチの調査で明らかになりました。

 

特に実施率が高かったのは沖縄県の78.7%、一方、最低は埼玉県の41.1%となっています。

気になる調査結果として、21.8%の企業が「コロナ禍前は実施していたが、今年は実施しない」と回答。

 

主な理由として「従業員からの抵抗感の増加」が42.2%、「労働時間としてカウントされる恐れ」が10.0%となっています。

この背景には、ワークライフバランスの重視やコンプライアンス意識の高まりが影響していると見られており、

事実、調査時の有効回答4,747社の中で、今年も忘年会・新年会を実施すると答えた企業の9割近くが「従業員の親睦」を実施理由として挙げています。

 

いわゆる「飲みニケーション」の在り方自体が、変わりつつある現状として浮かび上がってきているようです。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。