企業

ニューヨーク嶋佐「こう見えて馬主」スマラグドスの一着に大興奮

9月21日、東京ミッドタウン日比谷の日比谷ステップ広場にて、「馬れる MUSEUM-TOGETHER! 2023-」のトーク&体験イベントが開催された。同イベントは、5つのアトラクションで「馬のすごさ」を馬になりきって体感できる体験型イベント。特別ゲストには、お笑いコンビ・ニューヨークの嶋佐和也、屋敷裕政の2人が招かれ、トークセッションとアトラクションの体験を行った。

 

トークセッションにて、「馬好き芸人としても知られる嶋佐」と紹介された嶋佐は「私、馬好きで昨年馬主となりました。馬持ってます。ニューヨーク嶋佐でございます」と片手を挙げながら挨拶した。屋敷から「なんなん、その選挙活動みたいな喋り方」とツッコまれると、嶋佐は「こう見えて馬主でございます。と言っても、一口馬主なんですけどね」と謙虚に答えていた。

 

また、司会から「一口馬主と言っても、馬との思い入れは変わってきますか?」と聞かれると、嶋佐は「そうですね。“スマラグドス”っていう馬の一口馬主なんですけど、レースを見るときは気持ちが違いますよね。応援がより一層強くなるというか。スマラグドスはデビュー戦で一着になったんですよ。その時は興奮しましたね」と、馬主になった感想を伝えた。

一方の屋敷は、馬への関心について質問されると「先輩のジャングルポケットさんの単独のVTRで北海道まで(競走馬の)ジャングルポケットに会いに行って、そこで種付けの状況を生で見させてもらって。それがすごく神聖で、そのときの思い出がすごく残っていて、馬がすごく神聖なイメージがあります」と振り返った。

また、馬の好きな部分について問われた嶋佐は「形です。首の長すぎず短すぎず。筋肉がすごいんですよね。馬の真後ろに立ったらお前本当に危ないから」とフリを仕掛けると、屋敷は「例えばお前が馬やとして、俺が後ろに立ったら……」と実際に背後に立つ。すると、嶋佐が馬になりきり、背後に立った屋敷を後ろ脚で蹴飛ばすジェスチャーをして、アトラクションを体験する前からさっそく馬になりきっていた。

アトラクションの体験では、にんじんを模した金属棒を内側の壁に当たらないように馬の口まで運ぶ「ギリギリにんじんCHALLENGE」に屋敷がチャレンジ。にんじん棒は大人用と子供用に分かれていて、屋敷は小さい方の子供用にんじん棒でチャレンジ開始。難関ポイントである回転するギミックの部分で、屋敷は「どうすんの、どうすんの!」とパニック状態に。なんとか回転ギミックを攻略して、その先はなんなくゴールまで通過し、残り12秒で見事にクリアしていた。

クリア後屋敷は、雄叫びを上げて取材陣に向かってポーズ。その後は地面にぐったりと座り込み、「すごいプレッシャーやった……」と疲弊しきった様子だった。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ