動画ニュース

大丸・松坂屋、おせち市場に新風!冷凍おせちと名だたる料理専門家監修の商品等で対前年比5%増の売上目指す

大丸松坂屋百貨店は29日、おせちの発表会を開きました。

幅広いニーズに応えた商品が販売される中、生おせちは売上が伸び悩んでいるとのこと。

今年は”冷凍おせち”、”人気料理専門家や有名店監修のおせち”を強化していくとのことで、本年度の売り上げは対前年比5%増と発表しました。

冷凍おせちは、冷凍技術の進化により品質の担保もでき、かつ生おせちと比べ分散しての配送が可能。年々需要も伸びているようです。

 

大丸松坂屋百貨店おせち担当の柴田氏は、

「売上に対し冷凍おせちの割合は10%ほど、今年をきっかけに頑張りたい」とコメント 。

 

もうひとつの特徴でもある人気料理専門家や有名店監修のおせち。
監修をした方からは…

大橋さん)「ワインとの相性にこだわりました。黒豆にレモンの酸味を加えてみたり、ぶりの照り焼きにバルサミコ酢を加えてみたり、栗きんとんにスパイスを合わせたりワインにあうように様々な工夫をこらしたお料理になっています」

 

銀座ふじやま店主)「こだわった点は、僕が京都出身ということで、おせちを囲むときは白味噌のお雑煮がついていた。それをみなさんに味わっていただきたくて、コンセプトにつくりました。」

また、原材料高騰により各社値上げする動きがあるなか、大丸松坂屋百貨店は売れ筋の定番おせちの価格を据え置き、価格優位性を打ち出していくようです。

 

新型コロナによる制限が緩和され、はじめてのお正月。
2024年おせち商戦がいよいよはじまります。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ