企業

パナソニックの’共存の森’、国から自然共生サイトに認定

パナソニックの滋賀県草津市にある「共存の森」が環境省から「自然共生サイト」に認定された。この認定は、生物多様性の価値を有し、その保全が図られている区域を国が認定するものである。

「共存の森」は、パナソニックが冷蔵庫やエアコン、燃料電池などの開発・生産を行う草津拠点の一角に設けた緑地で、地域の生物多様性への貢献と景観保全を目的に2011年10月から整備を開始した。エコロジカル・ネットワーク構想を掲げ、周辺の緑地や水辺とつながりながら生きものの生息空間の確保を目指している。

約1万3000平方メートルの敷地には水辺や草地、樹林があり、周辺地域の里山モデルとして機能している。専門家のモニタリングにより里山環境の再生状況を定量的に把握しながら、社員による指標生物を用いた緑地管理、特定外来生物などの監視、地域の植生に応じた苗木の育成や植樹などの保全活動を行っている。

この認定により、パナソニックの地域への貢献と環境保全への取り組みが国からも評価された形となる。同社は今後も「共存の森」を通じて、地域の自然との共生を推進し、生物多様性の保全に努めていく方針だ。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施