企業

東海三県陶磁器の魅力集結!過去最大「器と暮らし市」が12/9~12/10に開催

情報提供者
器と暮らし市プロジェクト
Published by
編集部

「器と暮らし市」、東海三県の陶磁器文化をより身近に感じる機会を提供するイベントの第4回開催が決定しました。今回は「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」(愛知県長久手市)を新たな舞台に、2023年12月9日(土)~12日(日)に過去最大規模で開催します。

本イベントは、日本有数の窯業地域である東海三県(愛知県・岐阜県・三重県)の陶磁器の魅力を広く知ってもらうことを目的としています。これらの地域は、「日本六古窯」の瀬戸・常滑を有するだけでなく、良質な陶土が採れることから、多種多様な陶磁器が生まれてきました。

「器と暮らし市」は、そのような東海三県の陶磁器を日常的に触れ、使う機会を提供するイベントとして2022年6月に初開催されました。以来、「あいち健康の森公園」(愛知県大府市)で3回、「万博記念公園」(大阪府吹田市)で1回開催し、多くの来場者を集めてきました。

今回の第4回開催では、過去最大規模の約180ブースを設ける予定です。出展するのは、素朴な一皿から作り手の個性が光る作家ものまで、食卓を彩り、心を豊かにする器たち。さらに、丁寧な暮らしを支える道具や植物、フードトラックも登場します。また、同時開催として、こだわりの珈琲と焼菓子を集めた人気企画「珈琲と焼菓子のこみち」も開催されます。
今回の「器と暮らし市」は、東海地区の豊かな陶磁器文化をより身近に感じる機会を提供し、地元文化の魅力を再発見する場となることでしょう。

●コンテンツ
■器ゾーン
窯元やショップ、作家など、約80ブースが出店!とっておきの一皿に出会える。

たいせい窯(器)


正陶苑(器)


Studio TOKUDA(器)


タナカ製陶(器)

■暮らしゾーン
植物・雑貨・アパレルなどの物販だけでなくワークショップも。生活が楽しくなるセレクトをぜひ!


アトリエつみき屋(暮らし)


nocogou ノコゴウ(暮らし)


藍染屋ほうね(暮らし)


貝殻アトリエ Jyarinko(暮らし)

■フードトラックゾーン
こだわりのおいしいごはんやドリンクが勢ぞろい。


il pleut(フードトラック)

■珈琲と焼菓子のこみち
とっておきのおいしい珈琲とおいしい焼菓子を提供するブースを集めた人気企画!


GOOD DAYS COFFEE(珈琲と焼菓子のこみち)


シュトーレンと日常(珈琲と焼菓子のこみち)


パーラーイムオム(珈琲と焼菓子のこみち)


焼菓子nico.(珈琲と焼菓子のこみち)

●開催概要
■開催日/ 2023年12月9日(土)~12月10日(日) ※2日間
■時間 / 10:00~16:00
※雨天決行、荒天中止
■会場 / 愛・地球博記念公園(モリコロパーク) 大芝生広場
(愛知県長久手市茨ヶ廻間乙1533-1)
■主催 / 器と暮らし市プロジェクト
■後援 / 愛知県、長久手市、瀬戸市、多治見市、土岐市、
一般社団法人愛知県観光協会、たじみDMO、
一般社団法人土岐市観光協会、公益財団法人 愛知県都市整備協会
■入場料/ 入場無料
■URL  / https://utsuwatokurashi.jp/
https://www.instagram.com/utsuwatokurashi/

〇アクセス ※愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
当日は公園駐車場の混雑が予想されるため、できる限り公共交通機関でのご来場をお願いします。その際は、混雑を避け、時間に余裕を持ってご来場ください。
■電車・バス/・地下鉄「藤が丘」
→東部丘陵線(リニモ)「愛・地球博記念公園」下車
・愛知環状鉄道「八草」
→東部丘陵線(リニモ)「愛・地球博記念公園」下車
・名古屋駅、中部国際空港、豊田市(ホテルトヨタキャッスル発、新豊田駅経由)、
尾張瀬戸駅、岐阜県西濃地方
(道の駅「パレットピアおおの」発、名神大垣、安八経由)
→名鉄バス「愛・地球博記念公園」下車

■自動車/・東名高速道路・日進JCTから分岐して名古屋瀬戸道路へ、
長久手ICから東へ約5分
・東名高速道路・名古屋ICから東へ約20分

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。