企業

ユニオンテック株式会社がオフィス移転・リニューアルの効果を調査、約6割の企業が効果を実感

情報提供者
ユニオンテック株式会社
Published by
編集部

ユニオンテック株式会社が実施した最新のアンケート調査によると、2020年以降にオフィス移転やリニューアルを行った企業のうち、約6割がその効果を感じていることが明らかとなりました。

調査は2023年9月27日から10月4日にかけて、30~55歳の経営者、役員、オフィス移転担当者、総務担当者を対象にインターネットで行われ、260人からの回答を得ました。

この調査は、移転・リニューアルによる働き方の変化や、設定された目的に対する効果を明らかにすることを目的としています。

アンケート結果からは、「やや効果があった」と答えた企業が40%で最も多く、次いで「効果がわからない」と答えた企業が31%、「非常に効果があった」と答えた企業が18%と続きました。これにより、オフィス移転・リニューアルがポジティブな影響をもたらしている企業が過半数を占める一方で、その効果を明確に把握できていない企業も少なくないことが分かります。

オフィス移転・リニューアル後の働き方としては、フル出社が約47%と最も多く、次いで出社とリモートワークを半々に行うハイブリッドワークが約26%でした。フルリモートワークを採用している企業は6%に留まります。これらの結果から、多くの企業がアフターコロナでもフル出社への回帰または継続を選択している傾向が見受けられます。

また、移転・リニューアルの目的に応じた効果の差も顕著で、戦略的な目的を持って実施した企業では、効果が高いとの回答が多く見られました。特に、「カルチャーづくり」や「ブランド価値向上」を目的とした企業では、効果を感じている割合が他の目的を持つ企業よりも高かったという結果がでました。

新しく導入したスペースや設備では、フリースペース、1人集中ブース/デスク、フリーアドレスなどが上位にランクイン。ツールや社内制度では、リモートワークの導入、オンライン会議ツール、フレックスタイム制度などが効果を感じている企業に多く導入されていることが分かります。

ユニオンテックは、オフィス移転・リニューアルに際して、目標設定の明確化が成功の鍵であると指摘しています。移転・リニューアルを検討している企業は、経営上の課題に合わせた具体的な目標を設定し、その達成に向けた戦略を練ることが重要だと言えるでしょう。

最新ニュース記事

  1. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  2. ロボットの料理宅配開始へ

  3. ワークマン、子ども服に本格参入

  4. AI悪用による選挙妨害阻止、大手IT20社が協力取り組みに合意

  5. H3ロケット試験機2号機、打ち上げ成功

  6. OpenAIが実用レベルの動画生成AI「Sora」を発表 ~テキストから最長1分の動画を生成/映像内に映ったものが物理世界にどのように存在するのかも考慮

  7. 【エン人材教育財団】受賞はクラダシとロート製薬 第4回CSA賞~20代に薦めたい『次世代型人材』創出企業〜

  8. 高速PA・SAにコンビニ型ジム「chocoZAP」設置

  9. まるで本人、ネット詐欺の「ディープフェイク」技術が向上して見分けるのが難しいレベルに【ネット詐欺に注意!】

  10. 企業の福利厚生に売店ではなくセブン‐イレブンという新発想 50㎡から出店可能で充実の品揃え 最大のウリは「レジ待ち0分」

365AIニュースセンター最新記事

  1. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  2. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  3. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  4. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  5. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  6. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  7. NTTが個人分身AI「Another Me」開発

  8. 恋愛感情が味に!?「恋AIパン」発売