企業

バレンタインデー「健康志向チョコレート」について教授が解説

2月14日はバレンタインデー。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)を意識した"サステナブルなショコラ"や、チョコレートの原点"カカオ"をテーマにしたチョコ等、今年も様々なコンセプトで販売されるバレンタインギフト。

今年は、低糖質、無添加、高カカオ等、「健康志向チョコ」が人気だそう。

とくに、チョコレートに含まれる”カカオポリフェノール”は、ストレス緩和や睡眠の質向上が期待できるとのことで、近年「ムードフード」(情緒改善食品)としても注目されているようです。

ムードフードは「2023年注目したい“食キーワード”」の1つとしても取り上げられるほど。

そこで、

近年、注目されるチョコレートやムードフードについて、

早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の矢澤教授にお話しを伺いました。

まず、カカオポリフェノールが健康に良いと言われている理由について、お聞きしたところ、

「カカオポリフェノールには、活性酸素を抑える働きがあり、ストレスの改善といったこころの健康に加え、血圧低下、HDL(善玉)コレステロールの増加、BDNF(脳由来神経栄養因子)の上昇といった体への効果も報告されています。」とのこと。

また、2023年”注目したい食キーワード”にもなっている「ムードフード」については…

「ムードフードはストレス軽減などのリラックス効果を期待できる食品のことで、一般的によく聞くDHA、カカオポリフェノール、カロテノイド、大豆イソフラボンなどの成分を含む食品のことです。」と。

そして、一番気になる”1日に食べるチョコレートの最適な量”は…

「高カカオチョコレート(カカオ分70%以上含有)で、1日合計25gを数回に分けて食べるのが推奨されています。」
と教えて頂きました。

量としては、市販の板チョコが約50グラム。その半分となります。

1日25gとなると、チョコレートをたくさんもらえる "もてる人" は、食べ終わるまでどれだけかかるのか…

ちなみに、私の友達に、

「30個」、チョコレートをもらった人がいました。

それでは、素敵なバレンタインデーを。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。