企業

バレンタインデー「健康志向チョコレート」について教授が解説

2月14日はバレンタインデー。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)を意識した"サステナブルなショコラ"や、チョコレートの原点"カカオ"をテーマにしたチョコ等、今年も様々なコンセプトで販売されるバレンタインギフト。

今年は、低糖質、無添加、高カカオ等、「健康志向チョコ」が人気だそう。

とくに、チョコレートに含まれる”カカオポリフェノール”は、ストレス緩和や睡眠の質向上が期待できるとのことで、近年「ムードフード」(情緒改善食品)としても注目されているようです。

ムードフードは「2023年注目したい“食キーワード”」の1つとしても取り上げられるほど。

そこで、

近年、注目されるチョコレートやムードフードについて、

早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の矢澤教授にお話しを伺いました。

まず、カカオポリフェノールが健康に良いと言われている理由について、お聞きしたところ、

「カカオポリフェノールには、活性酸素を抑える働きがあり、ストレスの改善といったこころの健康に加え、血圧低下、HDL(善玉)コレステロールの増加、BDNF(脳由来神経栄養因子)の上昇といった体への効果も報告されています。」とのこと。

また、2023年”注目したい食キーワード”にもなっている「ムードフード」については…

「ムードフードはストレス軽減などのリラックス効果を期待できる食品のことで、一般的によく聞くDHA、カカオポリフェノール、カロテノイド、大豆イソフラボンなどの成分を含む食品のことです。」と。

そして、一番気になる”1日に食べるチョコレートの最適な量”は…

「高カカオチョコレート(カカオ分70%以上含有)で、1日合計25gを数回に分けて食べるのが推奨されています。」
と教えて頂きました。

量としては、市販の板チョコが約50グラム。その半分となります。

1日25gとなると、チョコレートをたくさんもらえる "もてる人" は、食べ終わるまでどれだけかかるのか…

ちなみに、私の友達に、

「30個」、チョコレートをもらった人がいました。

それでは、素敵なバレンタインデーを。

最新ニュース記事

  1. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  2. ロボットの料理宅配開始へ

  3. ワークマン、子ども服に本格参入

  4. AI悪用による選挙妨害阻止、大手IT20社が協力取り組みに合意

  5. H3ロケット試験機2号機、打ち上げ成功

  6. OpenAIが実用レベルの動画生成AI「Sora」を発表 ~テキストから最長1分の動画を生成/映像内に映ったものが物理世界にどのように存在するのかも考慮

  7. 【エン人材教育財団】受賞はクラダシとロート製薬 第4回CSA賞~20代に薦めたい『次世代型人材』創出企業〜

  8. 高速PA・SAにコンビニ型ジム「chocoZAP」設置

  9. まるで本人、ネット詐欺の「ディープフェイク」技術が向上して見分けるのが難しいレベルに【ネット詐欺に注意!】

  10. 企業の福利厚生に売店ではなくセブン‐イレブンという新発想 50㎡から出店可能で充実の品揃え 最大のウリは「レジ待ち0分」

365AIニュースセンター最新記事

  1. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  2. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  3. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  4. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  5. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  6. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  7. NTTが個人分身AI「Another Me」開発

  8. 恋愛感情が味に!?「恋AIパン」発売