『忘年会』を勤務時間内に開催! お酒も提供・給与も支払い!! 副社長は取材に「従業員の参加率は100%」

今年も「忘年会」シーズンがやってきた。

なお、山陽不動産(広島県福山市)は、「忘年会」を従業員の勤務時間内に開催しているという。

給与も支払われるため、従業員の参加率も100%。

BIZNEWS365取材班は、副社長にその意図について聞いた。

とても参加したいが…

山陽不動産では、9年前より納涼会や社内行事は日中に開催してきたが、忘年会は夜に開催することもあったという。

しかし、夜に開催した際には「とても参加したいが、子供を預けて参加するのが大変なので参加は出来ない」という声。

また、「子供を一人、家で留守番をさせているので途中で退席させてほしい」という声があがった。

これらの声を聞き、経営者としても「従業員全員と1年間を振り返りながら美味しい食事をしたい」という主旨で開催しているにもかかわらず、参加できなかったり、不安な想いをしながら参加する従業員がいることに気付いた。

そこで、どのような形であれば誰もが参加しやすいのかを考えるようになったそうだ。

日中開催で参加率向上

結果として、忘年会についても日中の勤務時間内に開催し、誰もが参加しやすい環境を作ることに。

また、日中開催することによって、子育てや介護をしながら仕事をするスタッフも社内行事に参加しやすくなり、スタッフの参加率が向上した。

さらに、従業員同士のチーム力を高めるだけでなく、協力業者との連携をしやすい関係性を構築することが可能となった。

専用バスで会場へ

今年は、午前9時から11時まで通常業務を行い、11時から専用バスで会場に移動する。

午後1時~3時まで忘年会を開催し、その後施設に温泉があるため自由時間。

午後5時には、バスで帰社するか、もしくは現地解散も可能だという。

忘年会ではお酒も提供され、1次会後の2次会へは、従業員の半分程度が参加するそうだ。

なお、経営陣はそのまま帰宅。

飲食店にも良い影響

角田副社長は、BIZNEWS365の取材に「給与も支払われるため、忘年会の出席率は100%」と胸を張る。

また、「日中開催することで飲みに出る機会が減るのではなく、逆に2次会を含めると飲みに出る人が増えるので、飲食店にもより良い影響を与えていくと思う」と述べた。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施