『忘年会』を勤務時間内に開催! お酒も提供・給与も支払い!! 副社長は取材に「従業員の参加率は100%」

今年も「忘年会」シーズンがやってきた。

なお、山陽不動産(広島県福山市)は、「忘年会」を従業員の勤務時間内に開催しているという。

給与も支払われるため、従業員の参加率も100%。

BIZNEWS365取材班は、副社長にその意図について聞いた。

とても参加したいが…

山陽不動産では、9年前より納涼会や社内行事は日中に開催してきたが、忘年会は夜に開催することもあったという。

しかし、夜に開催した際には「とても参加したいが、子供を預けて参加するのが大変なので参加は出来ない」という声。

また、「子供を一人、家で留守番をさせているので途中で退席させてほしい」という声があがった。

これらの声を聞き、経営者としても「従業員全員と1年間を振り返りながら美味しい食事をしたい」という主旨で開催しているにもかかわらず、参加できなかったり、不安な想いをしながら参加する従業員がいることに気付いた。

そこで、どのような形であれば誰もが参加しやすいのかを考えるようになったそうだ。

日中開催で参加率向上

結果として、忘年会についても日中の勤務時間内に開催し、誰もが参加しやすい環境を作ることに。

また、日中開催することによって、子育てや介護をしながら仕事をするスタッフも社内行事に参加しやすくなり、スタッフの参加率が向上した。

さらに、従業員同士のチーム力を高めるだけでなく、協力業者との連携をしやすい関係性を構築することが可能となった。

専用バスで会場へ

今年は、午前9時から11時まで通常業務を行い、11時から専用バスで会場に移動する。

午後1時~3時まで忘年会を開催し、その後施設に温泉があるため自由時間。

午後5時には、バスで帰社するか、もしくは現地解散も可能だという。

忘年会ではお酒も提供され、1次会後の2次会へは、従業員の半分程度が参加するそうだ。

なお、経営陣はそのまま帰宅。

飲食店にも良い影響

角田副社長は、BIZNEWS365の取材に「給与も支払われるため、忘年会の出席率は100%」と胸を張る。

また、「日中開催することで飲みに出る機会が減るのではなく、逆に2次会を含めると飲みに出る人が増えるので、飲食店にもより良い影響を与えていくと思う」と述べた。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. ドラえもんと日清サラダ油100周年コラボ!発売100周年記念新CM、キャンペーンスタート

  2. ロバート・ウォルターズ・ジャパン ブランドコンセプトを一新、DEI推進に注力

  3. 楽天とOpenAI、通信業界向けのAIツール開発で協業

  4. 自治体のサイバー対策を強化

  5. ハッカー集団ロックビットが再開

  6. 音楽含むマルチモーダルAIモデル「AnyGPT」、AIの“パラメータ”を生成するAI「P-diff」など重要論文5本を解説(生成AIウィークリー)

  7. テレ東が広告申込みをオンライン化!

  8. radiko新サービス!ポッドキャスト配信開始

  9. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  10. ロボットの料理宅配開始へ

365AIニュースセンター最新記事

  1. 【日経平均株価】史上最高値更新も実感 ゼロ? 今こそ【新NISA】で資産形成を始めるべき理由

  2. 長草くん×17LIVE!TikTok発人気キャラの衝撃コラボ

  3. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  4. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  5. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  6. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  7. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  8. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設