企業

MTB文化の基盤を築いたサイクルブランド「BREEZER」が2024年の新モデルを発表

情報提供者
株式会社アキボウ
Published by
編集部

BREEZER BIKESの日本総代理店株式会社アキボウが、2024年度の新モデルを発表した。
この発表は、公式ウェブサイト上で2023年10月12日に行われ、約2年間の静かな時間を経て、磨き上げられたオールロード「INVERSION」シリーズや、新たに追加された上位グレードのモンスタークロス「RADAR X」などが公開された。

■Inversionシリーズの紹介
BREEZER BIKESは、オンロードとオフロードの境界線を曖昧にするという、ブランドの特性を活かした新モデルを展開している。その中でも特に注目は、「INVERSION」シリーズのカムバックだ。約2年間の沈黙を破り、さらなる磨きをかけて再登場したこのシリーズは、その実力とデザイン性でファンからの期待を集めている。

・INVERSION X EXPERT  価格:完成車¥297,000(税別価格¥270,000)
・INVERSION X COMP  価格:完成車¥264,000(税別価格¥240,000)

Breezerが世界でもいち早くオールロードのコンセプトを投じたInversionシリーズ。時代が追いついた今、そのコンセプトにさらに磨きをかけたInversion Xが登場。 細かなジオメトリーの見直しにより、機敏性を損なうことなくより高い直進安定性と高速巡航性を実現。 ダブルバテッドクロモリチューブで組まれたフレームとクロモリフォーク、フロント100x12mm/リヤ142x12mmスルーアクスルによる剛性の高い足回り、700x40Cタイヤの組み合わせによって、巡航中不意に現れるギャップやバンプにも足を取られることはない。 従来のダウンチューブ、シートチューブ、フォークに加えてトップチューブにもダボが追加、さらにタイヤクリアランスが42Cへと広がり、拡張性にも磨きがかかっている。 ラインアップは、Shinamo GRXシリーズ 2x11速コンポーネントを搭載したInversion X Expertと、同じくGRXシリーズ 2x10速コンポーネントを搭載したInversion X Compの2モデルを展開。Inversion Xはオールロードの先を行く「Whole Road」バイクだ。

・製品ページはこちら https://www.breezerbikes.jp/2024/product/inversion.html

■Radarシリーズの紹介
新たに上位グレードが追加された「RADAR X」も見逃せない。これまでのモデルに対し、さらにパワーアップしたこの新モデルは、より高度なオフロード走行を可能にするとともに、オンロードでもその性能を発揮する。

・RADAR X PRO  完成車¥275,000(税別価格¥250,000)

Radarシリーズは、ダブルバテッドのクロモリチューブで構成されるフレームとクロモリフォークに、マッドガード/ラックマウントの他5つのボトルケージ台座を装備。 街乗りはもちろん本格的なバイクパッキングまで、広くシチュエーションをカバーする最適なチョイスになるだろう。 中でもRadarシリーズの進化系として誕生したRadar Xは、MTBで主流となっている前後ブースト規格のスルーアクスルを採用し、タイヤサイズは最大700x52Cまで許容する新世代モンスタークロス。 ダウンチューブ、トップチューブ、シートステイ、フォークのダボを拡充し、内装ドロッパーシートポストも取付可能となっている。 さらに新たなラインアップに加わったRadar X Proは、Shimano GRXコンポーネントと前後油圧ディスクブレーキを採用することで、アドベンチャーバイクとしてのキャラクターを強めている。 対してRadar Expert/Cafeはユーザーレベルでのメンテナンスや修理のし易さを考慮し、前後QR仕様を採用。また29x2.1""のオフロードタイヤが装着できるクリアランスも確保しており、足回りの自由度が高くなっている。 Expertグレードではワイドレンジのリヤスプロケットを採用。フロント46x30Tのチェーンリングとの組み合わせにより、急な上り坂や下り坂、また目一杯荷物を積んだ状態であっても完璧なギヤ選択が可能になっている。Radarはあなたをあらゆる場所へ連れて行ってくれる最高の相棒だ。

・製品ページはこちら https://www.breezerbikes.jp/2024/product/radar.html


このような新モデルの発表は、BREEZER BIKESの進化とともに、サイクリングの楽しみを広げるものとなるだろう。そのブランドらしさ溢れる新モデルに、今後も注目が集まることは間違いない。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ