企業

【次世代配送への挑戦」】セルートときずなグループによる革新的な「黒ナンバー取得代行サービス」を開始

情報提供者
株式会社セルート
Published by
編集部


株式会社セルートは、2023年11月27日、行政書士法人きずなグループと共同で、軽乗用車オーナー向けの黒ナンバー取得代行サービスを開始しました。このサービスは、インターネット通販の増加に伴う小口荷物の増加と、労働人口の減少による配送能力低下という物流業界の課題に対応するものです。

2022年10月27日に国土交通省が貨物軽自動車運送事業を解禁し、軽乗用車の配達利用が可能になりました。この変更により、宅配ドライバー不足の解消が期待されています。
しかし、黒ナンバー取得の認知度や手続きの複雑さにより、その普及を妨げている状況があります。そこで、セルートときずなグループがタッグを組み、車両所有者が直面する不安や疑問を解消し、スムーズな転換をサポートすることで、配送能力の強化を図ることにしました。
セルートの取り組みは、運営アプリ「DIAq」を通じて、物流業界におけるラストワンマイル配送の課題に取り組んでいます。そのため、トラックドライバーだけでなく、もっと多くの人が簡単に配達できるようにすることで、配送の担い手不足を解消しようと努めています。
国内には2,325万台超と報告される自家用軽乗用車の有効活用を目指し、この新サービスにより、軽乗用車オーナーは副収入を得ると同時に、社会的な課題解決にも貢献することが期待されています。

DIAq(ダイヤク)公式サイト:https://www.dia-9.com

セルートは、今後も持続可能な配送体系の構築に努めるとともに、物流業界の新たな担い手として、軽乗用車オーナーの積極的な参加を促進していく方針です。この取り組みが、物流業界に新たな風を吹き込み、宅配ドライバー不足の解消に貢献することが期待されています。

 

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。