企業

収穫量の約3割が廃棄されている、柑橘(かんきつ)栽培の課題

収穫量の約3割が廃棄されている、柑橘(かんきつ)栽培の課題をご存じでしょうか。

愛媛県松山市に本社がある「株式会社 MOTTAINAI COCOLOFARM(モッタイナイココロファーム)」では、農業のロスを減らし、持続的な農業の未来を切り拓くプロジェクト「IMI(読み:いみ)」をスタートさせ、廃棄される予定の柑橘類を加工し、食品ロスを削減するプロジェクトを立ち上げました。

その第1弾として、伊予柑100%ストレートジュース「IMI(読み:いみ)」を1月26日から発売しています。

廃棄予定の柑橘類の多くが、味には問題がなく、大きさや色、見た目などが原因で廃棄されています。

この現状に対し「もったいない!」という想いからスタートした本プロジェクト。

MOTTAINAI COCOLOFARMの代表の松田さんにプロジェクトの反響について伺ったところ、

「発売初日に予想を上回る申し込みがあり、購入者が意外と若く、インスタなどでも紹介してくれています」と。

また「愛媛県松山市のふるさと納税担当からも、返礼品の問合せがあった」と取材にこたえてくれました。

食品ロス問題。

国、自治体、事業者が連携するのはもちろん、かけがえないの資源を無駄にしない、個人の行動も、今求められています。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施