真っ黒なパッケージ?購入まで作品名が分からない「本音屋」が開店

2日、読書体験を一新する新コンセプトの書店「本音屋」がジュンク堂書店 池袋本店とハイブリッド型総合書店「honto」にてオープンしました。このユニークな店舗は、作品名を知らずに購入することで、純文学との新たな出会いを提供するというコンセプト。

文藝春秋が提案する「本音屋」は、作品名の代わりに、作品からインスピレーションを受けた“本音”をタイトルとして掲げ、読者がそれに共感するかどうかで選ぶというアプローチを取り入れています。20作品の純文学が真っ黒なパッケージで包まれ、その中には読者の心に響く“本音”が隠されています。

この取り組みは、スマホ時代における読書離れに対抗し、読書の楽しさを再発見するきっかけを提供するために開始されました。純文学は、その性質上、登場人物や作者の内面を深く掘り下げるため、読者によって受け取り方が大きく変わる可能性があります。そこには、日常では語られないような深い“本音”が込められており、読者自身の感情や考えと照らし合わせることで、本との新しい出会いが。

「本音屋」は

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  2. ロボットの料理宅配開始へ

  3. ワークマン、子ども服に本格参入

  4. AI悪用による選挙妨害阻止、大手IT20社が協力取り組みに合意

  5. H3ロケット試験機2号機、打ち上げ成功

  6. OpenAIが実用レベルの動画生成AI「Sora」を発表 ~テキストから最長1分の動画を生成/映像内に映ったものが物理世界にどのように存在するのかも考慮

  7. 【エン人材教育財団】受賞はクラダシとロート製薬 第4回CSA賞~20代に薦めたい『次世代型人材』創出企業〜

  8. 高速PA・SAにコンビニ型ジム「chocoZAP」設置

  9. まるで本人、ネット詐欺の「ディープフェイク」技術が向上して見分けるのが難しいレベルに【ネット詐欺に注意!】

  10. 企業の福利厚生に売店ではなくセブン‐イレブンという新発想 50㎡から出店可能で充実の品揃え 最大のウリは「レジ待ち0分」

365AIニュースセンター最新記事

  1. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  2. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  3. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  4. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  5. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  6. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  7. NTTが個人分身AI「Another Me」開発

  8. 恋愛感情が味に!?「恋AIパン」発売