薬局厳選「夏の暑さ対策に役立つひんやりグッズ」を紹介

災害級の暑さで、ひんやりグッズが飛ぶように売れているとのこと。
今回、ウエルシア薬局の協力のもと、人気プライベートブランドを中心に、この夏注目される”ひんやりグッズ”を紹介していきます。

ひえひえのひたひたのたっぷり冷たい大判タオル

•超冷感!肌温度-5℃(※二往復拭いた場合)を体感できる大判タオル
•たっぷり薬液で、ひえひえ&なめらかな拭き心地
•コットン100%なので、肌当たりがやわらか
•首もとに巻ける超大判サイズ(サイズ60cm×30cm)
•ミョウバン配合(ひきしめ剤)、柿渋エキス/銀配合(皮膚コンディショニング剤)配合でニオイをケア
•爽快メント-ル(清涼成分)でスッキリ全身爽快
•衛生的で持ち運びにも便利な個包装タイプ

■容量:5本
■寸法:600mm×300mm
■価格:437円(税込)

汗もテカリも一掃するフェイスシート

•柿渋エキス配合(皮膚コンディショニング剤)で、ニオイをケア
•パウダー配合で、汗のベタつきをサラサラに
•爽快メント-ル(清涼成分)でスッキリ全身爽快!

■容量:42枚
■寸法:200mm×200mm
■価格:283円(税込)

体の全部をくまなく拭けるボディシート

•体の全部をくまなく拭ける人気の大判メッシュシート
•柿渋エキス配合(皮膚コンディショニング剤)でニオイケア
•パウダー配合で、汗のベタつきをサラサラに
•爽快感がほしい方にはCOOLタイプが人気

■容量:30枚
■寸法:250mm×200mm
■価格:283円(税込)

顔も体もこれ一枚!Ag配合フェイス&ボディシート

•コットン100%の厚みのあるフラットシートなので、肌当たり柔らか
•Ag(整肌成分)・ヒアルロン酸(保湿成分)配合のシートなので、ニオイケアと潤いが同時にできる便利なシート
•シートに使用している不織布は、海水中で生分解する原料を使用し(水には溶けないのでトイレ等には流すのはNG)
•持ち運びに便利な携帯用10枚入も

■容量:30枚(写真左)10枚(写真中央)
■寸法:250mm×200mm
■価格:30枚/437円(税込) 10枚/217円(税込)

とっても冷えぷる!11時間ひえぷるまくら

•11時間冷たさ長持ち(※)
•凍結タイプの保冷剤と不凍タイプの保冷剤の2層構造、心地よい寝心地と冷却持続時間を両立。
※冷却保持時間は使用状況により異なる。冷却保持時間は弊社試験結果に基づいています。
まくらの中央付近の表面温度を約-20℃に冷却し、約25℃の室内に静置した時に、15℃に達する時間が約11時間です。

■容量:1個
■価格:877円(税込)

マンゴーの王様を贅沢に使ったマンゴーアイスバー

•別名「マンゴーの王様」と呼ばれる”アルフォンソマンゴー”だけを使用
•高い糖度、クリーミーで濃厚な味わい、芳醇で上品な香りが特長
•アルフォンソマンゴーピューレを100%使用
•果汁ではなくピューレ(果汁・果肉)を使い、より果実感をUP
•香料・着色料は不使用

■種類別:氷菓
■容量:1本(70ml)
■価格:138円(税込)

2つの幸せが出会った苺アイスバー

•いちご果汁・果肉を30%使用
•いちご果肉入りソースで果実感がUP
•いちご果汁のうち、国産とちおとめ果汁を52%使用。国産とちおとめ果汁がたっぷり
•ミルクアイスには北海道製造乳製品を使用

■種類別:ラクトアイス
■容量:1本(70ml)
■価格:194円(税込)

今回の取材で、「マンゴーアイスバー」「苺アイスバー」を編集部で購入しそれぞれ試食してみました。マンゴーアイスバーは、「マンゴーの王様」と呼ばれる”アルフォンソマンゴー”だけを贅沢に使用しただけあり、 クリーミーで濃厚、マンゴーを食べているような満足感もあり、当編集部スタッフからも人気。

苺アイスバーは、見た目はミルクアイスですが、一口食べると中は苺たっぷりのアイス。果肉入りソースが入っているのでジューシー。この値段でこの味わいはスゴイな!と思ってしまう逸品。

近年、豪華なフルーツを使用したアイスクリームが人気で300円以上の商品も多いが、「マンゴーアイスバー」は138円、「苺アイスバー」は194円と、そのクオリティからは想像できないほどのリーズナブルな価格。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。