280年続く老舗七味製造業「八幡屋礒五郎」七味缶発売100周年記念、「くるま缶」トラックのリアルミニカーが完成!

〜2024年1月1日から八幡屋礒五郎本店やオンラインショップ等で販売開始〜

株式会社ミニチュアファクトリーは、株式会社八幡屋礒五郎(読み:やわたやいそごろう)から依頼を受けて「くるま缶」トラックのミニカーを制作しました。本ミニカーは、八幡屋礒五郎が2024年に七味缶の発売100周年を迎えることを記念して作られたもので、2024年1月1日から八幡屋礒五郎本店やオンラインショップ等で販売開始します。

■販売概要

発売日:2024年1月1日

販売場所:八幡屋礒五郎本店、MIDORI長野店(1/2~販売)、軽井沢店、オンラインショップ

オンラインショップURL:https://shop.yawataya.co.jp/

販売単価:3000円(税込3300円)

販売数量:数量限定

■「くるま缶」トラックミニカーについて

八幡屋礒五郎は1736年の創業から280余年続く老舗企業であり、七味唐からし缶は大正13年より販売されている主力商品のひとつです。「くるま缶」トラックは同社により実際の配達に使用され、地域の人々に愛されています。

本ミニカーは実際の七味缶を置く台として食卓で活用が可能です。ぜひより一層、八幡屋礒五郎の「くるま缶」トラックならびに七味唐からし缶を身近に感じていただけますと幸いです。

実際の車両

■ミニカーの仕様

サイズ:全長約111㎜

可動部分:タイヤ駆動式、七味缶の取り外し(七味は入っていません)

付属品:くるま缶リーフレット

包装:窓付き紙パッケージ、ブリスター

ミニカーの写真3点ほど

■制作における工夫・思い

今回は一般的な縮尺のスケールではなく、缶の大きさに合わせて車体のサイズを決めました。缶の比率が実車と多少異なるため、バランスのいい車体サイズにするため微調整を繰り返しました。また、見えないシャーシ裏もできるだけ再現したく、下まで潜り込んで撮影し、写真をもとに情報をつなぎ合わせるのは苦労しました。最近、実車のナンバープレートが創業年に変更され、それに合わせてミニカーのナンバープレートも創業年になっています。それらも楽しんでもらえたらと思います。(株式会社ミニチュアファクトリー 制作部長 井上)

今回、歴史ある企業「八幡屋礒五郎」様の「くるま缶」トラックのミニカーを制作することができ大変光栄です。本製品を手にとられた方の食卓がより楽しく、長く心に残っていくよう、気持ちを込めて制作しました。(株式会社ミニチュアファクトリー 代表取締役 恒川)

七味缶の形状に合わせ、荷台にスリットが入っています。

■株式会社八幡屋礒五郎とは

長野県長野市に所在する七味唐辛子メーカー。江戸時代の元文元年(1736年)初代の勘右衛門より約280年以上続く老舗であり、東京・浅草寺のやげん堀、京都・清水寺の七味家本舗と共に、日本三大七味唐辛子に数えられます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ