はじめしゃちょー「渋滞での遅刻が死ぬほどあって…」と苦悩明かす 須知高匡さんの渋滞解消目指す交通システムを絶賛

総合ウェルネス事業を行う株式会社クレドインターナショナルが27日、東京・帝国ホテルにて「夢叶えるプロジェクト」の最終審査&授賞式を開催。ビジネス部門では、スタートアップの起業家たちによるピッチコンテストが行われ、渋滞をなくすための新しい交通システム「自走式ロープウェイ Zippar」についてプレゼンしたZip Infrastructure株式会社・須知高匡さんがグランプリに選ばれました。

授賞式には、審査員としてYouTuberのはじめしゃちょーさん、4代目バチェラーの黄皓さんが出席しました。

須知さんは、技術が進んでいる現代において、どんな都市でも起こっている渋滞をなくしたい思いで、道路上の空間を利用した次世代の交通システムを開発。既存のロープウェイは直進しかできず、都市に建設することができなかったが、同システムでは「カーブと分岐を可能にしたことで、建設を可能にした」と発表しました。

 さらに、建設費と建設期間は鉄道の10分の1となり、渋滞に巻き込まれることがない、施工者と利用者の両名にとって充実した内容のシステムになっているとのことです。

グランプリを受賞した感想について「たくさんの方がプレゼンをされていて、みなさんすごくいいサービスだと思ったので、自分が優勝できると思っていませんでした」と恐縮し、「日本だけじゃなく、世界中で渋滞という問題はまだまだ解決されていません。
 すでにいろいろな方法で(問題解決に)取り組んでいますが、我々は『自走式ロープウェイ Zippar』という交通システムで世界を変えていきたいと思っています。本当に光栄な賞をありがとうございました」と頭を下げました。

須知さんの開発に対し、はじめしゃちょーさんは「素敵なプレゼンを聞かせていただいて、有意義な時間になりました。僕は静岡から東京まで仕事で来るんですけど『なんでこんなに世の中が発展しているのに、俺は渋滞で遅刻しているんだろう!』と思うことが死ぬほどあって……。まさにグランプリです。目の付け所がすごいなと思いました。本当におめでとうございます!」と祝福しました。

黄皓さんは「審査員という立場でしたが、みなさんに負けないように、一緒に切磋琢磨して日本を良くしていけたらいいなと思います。本当に受賞おめでとうございます」とメッセージを送っていまし

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施