大震災の恐怖「感じる」86% 内閣支持率下げ止まり25% dサーベイが調査結果を発表

社会調査研究センター(SSRC)は、9月3日、スマートフォンを対象とした新しいインターネット調査方式「dサーベイ」による全国世論調査を実施した。

大震災の恐怖「感じる」82%、備えに年代差

9月1日は関東大震災からちょうど100年。

「大きな地震災害に襲われる恐怖を感じますか」と尋ねたところ、「強く感じる」の28%、「ある程度感じる」の57%を合わせた86%が「感じる」と回答。

「ご自身の生活の中で大震災の備えをしていますか」の質問(複数回答)には、

「非常食などの防災グッズ」44%

「近所の避難所・避難場所の確認」42%

「緊急時の家族との連絡方法」28%

「緊急避難時に持ち出す貴重品袋」26%

「防災訓練への参加」10%

という結果だった。

「何もしていない」と回答したのは23%。

18〜29歳では38%が「何もしていない」と答え、年代が上がるほど防災意識が高まる傾向がみられた。

岸田政権のマイナ対応「評価しない」73%

岸田内閣の支持率は8月6日の前回調査から3ポイント増の25%。

6月調査の31%から7月26%、8月22%と下落傾向にあったが、ここで下げ止まったか。

不支持率は前回比3ポイント減の63%と依然高く、不支持の理由では「政策が期待できないから」が58%(回答者全体の36%)、「岸田首相が信用できないから」が29%(同18%)だった。

マイナンバーカードをめぐる岸田政権の対応については「評価する」14%に対して「評価しない」が67%。

物価対策については「評価する」11%に対して、「評価しない」が73%だった。

マイナンバーカードをめぐるトラブルが相次ぎ、物価が上がり続ける状況などへの不満が内閣支持率低迷の背景にあり、岸田政権がそうした不満に応えられていないのが現状だ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。