ALPS処理水放出による風評影響が懸念される「日本産水産物」を重点的に 欧州各地にプロモーション 

EUによる日本産食品の放射性物質輸入規制が撤廃されたことを機に、EU向け輸出の更なる拡大を図る。

農林水産省は、ALPS処理水放出の風評影響が懸念される水産物をはじめとする「日本産食品」のプロモーションイベントを欧州各地で開催すると発表した。

輸出支援プラットフォーム・ブリュッセル拠点の設置

2023年8月3日(木)、EUは2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて導入していた輸入規制を撤廃。

農林水産省はEU向け輸出の更なる拡大を図るため、2023年9月5日(火)に輸出支援プラットフォームのブリュッセル拠点を設置する。

すでに2022年5月から設置されているパリでの活動に加え、今後はブリュッセルにおける規制情報の収集・発信などの活動も強化し、EU向け輸出の更なる拡大を図る。

欧州各地における日本産食品のプロモーション

欧州各地で、規制撤廃の広報等と共に、特にALPS処理水放出による風評影響が懸念される「福島県産食品をはじめとする日本産水産物」を重点的にプロモーションを行う。

プロモーションを行う地域とイベントは以下の通り。

(1)ベルギー・ブリュッセル
2023年9月5日(火)に市内の欧州連合日本政府代表部大使公邸において、福島県と協力して欧州委員会関係者、ブリュッセル駐在各国外交官等に向け、福島県産水産物や果実をはじめとする日本産食品を紹介するレセプションを開催。

(2)フランス・トゥールーズ
ラグビーワールドカップフランス大会の開催に合わせ、2023年9月8日(金)~9日(土)にトゥールーズ市中心部において、世界から来訪する観戦者等に向けてホタテやブリといった水産物のほか、牛肉、コメ、メロンなどの日本産食品のプロモーションイベントを開催。

(3)ドイツ・ケルン
欧州最大の食品見本市の一つである「アヌーガ」の開催に合わせ、2023年10月7日(土)に「アヌーガ」の会場において、世界の食関係者等に向け、水産物をはじめとする日本産食品のプロモーションイベントを開催。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ