「GINZA POET-GRAPHY」話題!東京クリエイティブサロン2023で新たな観光資源と空きスペース活用が脚光

ファッションとデザインの祭典である東京クリエイティブサロン2023では、都内6エリアでさまざまなクリエイティブコンテンツが展開。


 銀座エリアでは、商業施設のショーウィンドウや空き店舗の壁面、工事現場の仮囲い、地下鉄・地下道の壁面、デジタルサイネージなど、合計15か所で現代詩が登場。

銀座の各所に、グラフィックデザインを取り入れた現代詩を展示することで、「令和の銀ブラ」フォトスポットとして新たな集客要素を創出。さらに、「空き地×現代詩×音楽」を組み合わせたミュージックビデオ(MV)も公開され、メディア活用の新しい事例となった。そしてこのMVが話題を呼んでおり、公開から約1か月たった現在の再生数は5万回を超えている。

このMVは、街で見かける独立した言葉が音楽と結びつき、一つの大きなメッセージへと変化する姿が楽しめるようだ。銀座エリアのクリエイティブディレクターは、新東通信の岸仲真氏が務めた。

「GINZA POET-GRAPHY」プロジェクトは、全銀座会を中心に、地権者やゼネコン各社、東京都、国土交通省、中央区、銀座の商業施設や飲食店の協力を得て、銀座の街全体が一体となって実現。

銀座地域の未活用スペースを活用し、新たな観光資源と集客要素を生み出す試み。さらに、新型コロナウイルスの影響により増加した銀座の空き店舗や未利用スペース等を利用するなど、この取り組みはSNS上でも話題となった。

東京クリエイティブサ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ