沖縄子育て移住! 『島の子育て生活を妄想する仕事体験プログラム』募集開始

沖縄本島中部の東海岸に位置する「うるま市」の島しょ地域では、若者の流出や出生数の減少により少子高齢化が深刻な課題となっている。

市では島しょ地域の活性化にむけて、2件の仕事体験プログラムを実施する。

沖縄浜比嘉島!島の子育て生活を妄想する4日間

1つ目は沖縄浜比嘉島での4日間のプログラムだ。

実施概要は以下の通り。

開催日程:2023年12月14日~ 2023年12月17日

所要時間:全日程への参加必須ではなく、任意参加プログラムもあり

費用:大人6,500円 子ども(小学生まで)3,500円(2回分の夕食代・保険代を含む)

※「交通費、宿泊費、食事代」は別途必要。

定員:15 人

最少催行人数:5 人

集合・解散場所:浜比嘉島地域交流拠点施設(HAMACHŪ)

沖縄平安座島!島の子育て生活を妄想する7日間

2つ目は、沖縄平安座島での7日間のプログラムである。

実施概要は以下の通り。

開催日程:2024年1月22日(月)~1月28日(日)

所要時間:6泊7日 

※任意参加プログラムもあり

※1月22日(月)〜25日(木)の4日間は参加必須。

費用:大人7,000円 子ども(小学生まで)3,500円(2回分の夕食代・保険代を含む)

※「交通費、宿泊費、食事代」は別途必要。

定員:15 人

最少催行人数:5 人

集合・解散場所:平安座自治会(沖縄県うるま市与那城平安座409-2)

沖縄県うるま市とは?

今回のプログラムの舞台となる島しょ地域は、うるま市にある5つの有人島。

平安座島、宮城島、伊計島、浜比嘉島の4島と市内唯一の有人離島である津堅島のことを指す。

赤瓦の古民家や琉球石灰岩の石垣、車が通れない路地など懐かしい沖縄の風景が残る地域だ。

過疎化が進んでいるなか、自治会や地域に根ざした事業者が様々なチャレンジを重ねている。

双方とも個性豊かな島人とのふれあいも楽しめる魅力的なプログラムだ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. ドラえもんと日清サラダ油100周年コラボ!発売100周年記念新CM、キャンペーンスタート

  2. ロバート・ウォルターズ・ジャパン ブランドコンセプトを一新、DEI推進に注力

  3. 楽天とOpenAI、通信業界向けのAIツール開発で協業

  4. 自治体のサイバー対策を強化

  5. ハッカー集団ロックビットが再開

  6. 音楽含むマルチモーダルAIモデル「AnyGPT」、AIの“パラメータ”を生成するAI「P-diff」など重要論文5本を解説(生成AIウィークリー)

  7. テレ東が広告申込みをオンライン化!

  8. radiko新サービス!ポッドキャスト配信開始

  9. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  10. ロボットの料理宅配開始へ

365AIニュースセンター最新記事

  1. 長草くん×17LIVE!TikTok発人気キャラの衝撃コラボ

  2. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  3. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  4. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  5. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  6. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  7. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  8. NTTが個人分身AI「Another Me」開発