沖縄子育て移住! 『島の子育て生活を妄想する仕事体験プログラム』募集開始

沖縄本島中部の東海岸に位置する「うるま市」の島しょ地域では、若者の流出や出生数の減少により少子高齢化が深刻な課題となっている。

市では島しょ地域の活性化にむけて、2件の仕事体験プログラムを実施する。

沖縄浜比嘉島!島の子育て生活を妄想する4日間

1つ目は沖縄浜比嘉島での4日間のプログラムだ。

実施概要は以下の通り。

開催日程:2023年12月14日~ 2023年12月17日

所要時間:全日程への参加必須ではなく、任意参加プログラムもあり

費用:大人6,500円 子ども(小学生まで)3,500円(2回分の夕食代・保険代を含む)

※「交通費、宿泊費、食事代」は別途必要。

定員:15 人

最少催行人数:5 人

集合・解散場所:浜比嘉島地域交流拠点施設(HAMACHŪ)

沖縄平安座島!島の子育て生活を妄想する7日間

2つ目は、沖縄平安座島での7日間のプログラムである。

実施概要は以下の通り。

開催日程:2024年1月22日(月)~1月28日(日)

所要時間:6泊7日 

※任意参加プログラムもあり

※1月22日(月)〜25日(木)の4日間は参加必須。

費用:大人7,000円 子ども(小学生まで)3,500円(2回分の夕食代・保険代を含む)

※「交通費、宿泊費、食事代」は別途必要。

定員:15 人

最少催行人数:5 人

集合・解散場所:平安座自治会(沖縄県うるま市与那城平安座409-2)

沖縄県うるま市とは?

今回のプログラムの舞台となる島しょ地域は、うるま市にある5つの有人島。

平安座島、宮城島、伊計島、浜比嘉島の4島と市内唯一の有人離島である津堅島のことを指す。

赤瓦の古民家や琉球石灰岩の石垣、車が通れない路地など懐かしい沖縄の風景が残る地域だ。

過疎化が進んでいるなか、自治会や地域に根ざした事業者が様々なチャレンジを重ねている。

双方とも個性豊かな島人とのふれあいも楽しめる魅力的なプログラムだ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施