「おにぎりアクション2023」写真投稿が20万枚を突破!

日本発、世界の食料問題の解決に取り組む特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalが実施中の「おにぎりアクション2023」。

開始から33日目の11/5に投稿写真が20万枚を突破した。

アフリカ、アジアの子どもたちへ学校給食を届けようと、連日おにぎりの写真がSNSや特設サイトに投稿されている。

「おにぎりアクション」とは

おにぎりアクションは、日本の代表的な食である「おにぎり」をシンボルに、「おにぎり」の写真をSNS(Facebook, Instagram, X(Twitter))、またはおにぎりアクションの特設サイトに投稿すると、1枚の写真投稿につき給食5食分に相当する寄付(100円)を協賛企業が提供し、アフリカ・アジアの子どもたちに給食をプレゼントできる取り組みである。

本アクションは、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念した社会貢献活動。

おにぎりにまつわる写真に#OnigiriActionを付けてSNSまたは特設サイトに投稿するだけで、誰でも参加できる活動だ。

2022年までの8年間の開催で、累計約150万枚の写真が投稿され約836万食の給食を届けている。

おにぎりで米消費も推進

また、おにぎりアクション開催時期は、ちょうど新米の時期にも重なる。

シンプルな塩むすびで新米のおいしさを味わうなど、新米を楽しみ、感謝する姿が多数見られる。

X(Twitter)では、「(おにぎりアクションの時期は)朝ごはんのパンをおにぎりに変えたりします」。

さらに、「この時期以外はお米は食べません」と言った声も見られ、米消費推進にも寄与していることがうかがえる。

2023年のおにぎりアクション開催期間は、10月4日(水)~11月17日(金)。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  2. ロボットの料理宅配開始へ

  3. ワークマン、子ども服に本格参入

  4. AI悪用による選挙妨害阻止、大手IT20社が協力取り組みに合意

  5. H3ロケット試験機2号機、打ち上げ成功

  6. OpenAIが実用レベルの動画生成AI「Sora」を発表 ~テキストから最長1分の動画を生成/映像内に映ったものが物理世界にどのように存在するのかも考慮

  7. 【エン人材教育財団】受賞はクラダシとロート製薬 第4回CSA賞~20代に薦めたい『次世代型人材』創出企業〜

  8. 高速PA・SAにコンビニ型ジム「chocoZAP」設置

  9. まるで本人、ネット詐欺の「ディープフェイク」技術が向上して見分けるのが難しいレベルに【ネット詐欺に注意!】

  10. 企業の福利厚生に売店ではなくセブン‐イレブンという新発想 50㎡から出店可能で充実の品揃え 最大のウリは「レジ待ち0分」

365AIニュースセンター最新記事

  1. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  2. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  3. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  4. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  5. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  6. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  7. NTTが個人分身AI「Another Me」開発

  8. 恋愛感情が味に!?「恋AIパン」発売