慶應義塾大学研究チーム、新抗アレルギー剤開発へ一歩!有機化学的手法を発表

慶應義塾大学の研究チームが、新たな有機化学的手法を開発し、効率的な糖鎖の合成を可能にしたことが発表されました。これは、新たな抗アレルギー剤の開発に対する期待を高めるものであり、その成果は、2023年7月2日にドイツ化学会誌「Angewandte Chemie International Edition」のオンライン版で公開され、表紙にも採択されました。

この研究は、稲葉和樹(博士課程3年)、内藤優奈(修士課程2年)、立花実奈(修士課程1年)、戸嶋一敦教授、高橋大介准教授らから成るチームによって行われました。チームは、単糖が鎖状に連結した分子である「糖鎖」の中でも、五員環糖の一つであるβ-アラビノフラノシドに着目。芳香族ボロン酸を用いることで、完全な立体選択性および高い位置選択性で、効率的な配糖化が行える有機化学的新手法の開発に成功しました。

この新手法の利用により、毒性をもたない単一な構造をもつ五員環糖鎖の効率的な合成が可能となります。これにより、新たな抗アレルギー剤の開発が期待されています。新手法の開発は、有機化学の分野における大きな進歩を示すものであり、今後の医療分野への応用が待たれます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。