乾燥が気になる季節 加湿器に頼りたくなるが… 「加湿器が原因で肺炎になってしまうことがある」とクリニック院長が警告

乾燥注意報は、最小湿度50パーセント以下、実効湿度60パーセント以下となることが予想される場合に発表される。

24日も、北海道、西日本、九州の一部で乾燥注意報が出された。

乾燥が気になる季節に、恋しくなるのが加湿器だが「肺炎や呼吸困難を起こす場合がある」と、クリニック院長が警告している。

風邪やインフルエンザの予防

加湿器には、いくつかのメリットがある。

例えば、湿度が40%以下になるとウイルスが活性化するため、加湿して55~60%程度に保つことで、風邪やインフルエンザの予防効果が期待できる。

また、湿度が高いほど体感温度も高くなる。

よって、加湿器を焚けば体感温度も上がり、室温が多少低くても、寒く感じない。

そのため、電気代節約にもつながる。

加湿器肺炎

一方でデメリットもある。

加湿器が原因で肺炎になってしまう場合があり、重症化すると呼吸困難を起こす場合もあるのだ。

これを「過敏性肺炎」と呼ぶ。

主な原因はカビで、そのカビが加湿器で繁殖してしまうために、「加湿器肺炎」と呼ばれたりもする。

アレルギー反応

東京むさしのクリニック院長で内科医の橋本将吉氏は、「加湿器肺炎は、カビを繰り返し吸ってしまうことによるアレルギー反応が原因。そのため、抗生物質などの薬が効かない」と話す。

(画像:東京むさしのクリニック 橋本将吉院長)

また、「症状が軽い場合は、加湿器の使用をやめれば改善するが、重症になってしまうとステロイド剤を服用することになる」と語る。

そのため、「家に帰ると咳が出る、発熱や倦怠感がある、処方してもらった薬が効かない場合などは、加湿器を確認してほしい」とアドバイス。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  2. ロボットの料理宅配開始へ

  3. ワークマン、子ども服に本格参入

  4. AI悪用による選挙妨害阻止、大手IT20社が協力取り組みに合意

  5. H3ロケット試験機2号機、打ち上げ成功

  6. OpenAIが実用レベルの動画生成AI「Sora」を発表 ~テキストから最長1分の動画を生成/映像内に映ったものが物理世界にどのように存在するのかも考慮

  7. 【エン人材教育財団】受賞はクラダシとロート製薬 第4回CSA賞~20代に薦めたい『次世代型人材』創出企業〜

  8. 高速PA・SAにコンビニ型ジム「chocoZAP」設置

  9. まるで本人、ネット詐欺の「ディープフェイク」技術が向上して見分けるのが難しいレベルに【ネット詐欺に注意!】

  10. 企業の福利厚生に売店ではなくセブン‐イレブンという新発想 50㎡から出店可能で充実の品揃え 最大のウリは「レジ待ち0分」

365AIニュースセンター最新記事

  1. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  2. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  3. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  4. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  5. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  6. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  7. NTTが個人分身AI「Another Me」開発

  8. 恋愛感情が味に!?「恋AIパン」発売