SNSで人気の美人歯科衛生士・書道家 将来への『熱い想い』と父への「感謝の気持ち」を告白

歯科衛生士であり、書道家でもある翠果(すいか)さん(本名:小栗 愛果さん)。

彼女は8月末をもって、勤務先の歯科医院である「お口プラス東京五反田院」を卒業する。  

TikTokフォロワー約8万3千人!

TikTokで約8万3千人のフォロワーを誇る翠果さんは、同院の理事長である稲葉将太さんのすすめでTikTokを開始。

開始後3か月で、「TikTok厳選クリエイター」に選出された。

「フォロワー1万人越えで個展を開く」という目標のもと、クラウドファンディングに挑戦し、わずか22時間で目標金額に達成。

2022年9月には、勤務先の歯科医院で個展「愛」を開催した。

日頃から、歯科医院に貼り出される書道の一言もユニークで、街行く人の目を引いていた。

(画像:歯科医院の翠果さんの習字 提供:翠果さん)

母の影響で書道の道へ

現在23歳の翠果さんは三重県出身。

母親は、翠果さんが11歳のときに病気で他界した。

幼少の頃、母と交換日記で1日の出来事や想いを伝えあったことが思い出だという。

翠果さんのモットーは、「文字を見たら感情が伝わる。手書き文字はその人だけが書ける唯一無二のもの。」

(写真提供:翠果さん)

5歳から書道を始め、19歳で本格的に書道家になることを決意した。

また、若い世代にも、手書き文字に親しみを持ってもらえるように「書道アーティスト」として活動を始めた。

「難」が「有」るから「ありがたい」

今ではSNSで大活躍の翠果さんだが、最初はSNS投稿に抵抗があったという。

(写真提供:翠果さん)

そんな翠果さんにSNS投稿の重要性を伝え続けたのは、理事長の稲葉さん(写真:一番右)だった。

なお、稲葉さんも現在TikTokで33万人以上のフォロワーを誇り、歯科医院オープン当初から翠果さんの書道家の活躍を見守ってきた。

稲葉さんは、当時の翠果さんを次のように語る。

「面接で途方もなく大きな夢を真っ直ぐな眼差しで語る翠果さんを今でも思い出します」。

また、「可愛らしい見た目とは裏腹に、ハングリーに努力し、結果を出す姿はまさに『挑戦できる人』でした」。

(画像:個展「愛」の様子 提供:翠果さん)

また、翠果さんは「稲葉先生がSNS投稿について励ましてくださり、ファンの皆さんが支援してくださったからこそ今の私があります。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。

「『ありがたい』という言葉は、『難が有る(有難い)』と書きます」。

「苦難があるから、感謝がある。」

そう言いながら、「難有」と書いた作品を見せてくれた翠果さん。

感謝の裏には、数々の苦悩もあったことだろう。

一番感謝しているのはお父さん

中でも、一番感謝しているのは父親だと語った。

(写真提供:翠果さん)

「男手一人で母の世話と私の育児をし、私が高校を中退したときも、歯科衛生士を目指して上京したときも、父は何も言わずいつも背中を押してくれました」。

なお、現在三重県にお住まいの翠果さんの父は、今年で71歳になる。

翠果さんは「父が元気なうちに、書道家として成功した姿を一番に見せたい」と語った。

世界一の書道家になりたい

翠果さんの将来の夢は、「世界一の書道家になり、海外で1億円の価値がつく書を書くこと。」

(写真提供:翠果さん)

理事長の稲葉さんは、エールを送る。

「世の中の多数派は挑戦する者に無理だと言うが、そんな言葉に惑わされないでほしい」。

「環境や生い立ちなど、あらゆる困難があっても挑戦し続け、夢を叶える少数派は必ず存在するから。

翠果なら叶えられるよ」。

「お口プラスを離れても、私はいつもあなたの味方であり、ファンだ。」

(写真提供:翠果さん)

数々のきっかけをくれたお口プラス東京五反田院を卒業し、今後新たなステップを歩む翠果さん。

翠果さんの門出を応援したい。

(取材・文 藤田香織)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。