2023ミス・インターナショナル世界大会出場者 JAPAN TOURをスタート

一般社団法人国際文化協会は、『第61回ミス・インターナショナル世界大会2023』出場者の親善活動の一環として、 JAPAN TOURを実施し三重県・神奈川県をそれぞれ訪問した。

「ミス・ビジット・ジャパン観光特使」が訪問

ミス・インターナショナルが目指すのは、単に外見的な美しさを競うだけでなく、開催国での国際交流、友好親善、社会貢献活動を通して、各国間の相互理解の増進による世界平和の実現である。

 『ミス・ビジット・ジャパン観光特使』 と任命されたミスたちは、各地で日本の伝統文化や日本食の体験、また日本の学生や青少年と交流をするなどさまざまな活動を行っている。

さらに、その様子や日本の魅力をSNSなど自身の発信力を活かし、世界へ積極的に発信。 

今回、JAPAN TOURでミスたちは三重県・神奈川県を訪問した。

三重県 鳥羽市

10月13日(金)~14日(土)の2日間にわたり2023ミス・インターナショナル世界大会出場者4名(タイ・シンガポール・フランス・アメリカの各代表)が三重県鳥羽市を訪問。

交流を通じて子供たちに国際感覚を養ってもらう目的で鳥羽市立安楽島小学校へ訪れた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後ミキモト真珠島で海女の実演ショーと博物館を見学したり、海洋プラスチックの再資源化に取り組む企業を訪問したりし、海の環境問題について学びを深めた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、14日(土)は鳥羽一番街にて障がい者との触れ合いで機織りを体験。

その後鳥羽湾最大の島とされる答志島を訪れ、鳥羽の料理を食した。

神奈川県 鎌倉市

また、同じく10月13日(金)~14日(土)の2日間にわたり、同世界大会出場者約65名が神奈川県鎌倉市を訪問。

日本の歴史と文化における重要な遺産でもある鎌倉大仏殿高徳院や鶴岡八幡宮を訪れ、日本の歴史と文化、宗教、自然美、そして観光体験に触れた。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。