防災機器を『飾れる』 ナナメ上をいく「アートな消火器」1/17発売決定! 担当者は取材に「すでに100本以上の予約が入っている」

『令和4年版消防白書』によると、発生した建物火災の55.9%が、住宅火災だという。

たばこやコンロ、電気機器からの出火が主な原因。

そんな時の初期消火に役立つ、「アートな消火器」が2024年1月17日に発売される。

大惨事を防げる可能性

火災が起きてしまったとき、被害を最小限に抑えるために何よりも大事なのが、早い段階で火を消す「初期消火」。

なお、初期消火に最も多く使用されているのは消火器で、成功率は75.7%となっている。

よって、仮に火が出てしまった場合にも、消火器を使うことで大惨事を防げる可能性が高まる。

消火器の備え次第で、初期消火の明暗はわかれるにも関わらず、使用率は18.9%。

必要なときに、十分活用しきれていない現状があるのだ。

隠してしまっている場合も

オーソドックスな消火器といえば、学校や公共施設などに置かれている真っ赤なもの。

住宅用消火器がすでにある家庭でも、見栄えが気になって、普段は目につかない場所に隠してしまっている場合もある。

いざという時にすぐ取り出せる場所にあってこそ、本来の消火器の役割を果たすことができるのだ。

さらに、普段から目に付く場所に消火器を置いておくことで、自然と防災意識を持つことにつながる。

日頃から置きたくなる

今回「アートな消火器」を発売するのは、絵画レンタルサブスクリプションサービスを運営する「Casie」。

日々の暮らしをより豊かに、安心できるような「機能」をまとわせ、手に届く場所に日頃から置きたくなる消火器を目指したという。

すでに100本以上の予約

また「アートな消火器」は、購入した金額の一部が、アーティストに還元される仕組みを採用。

消火器を手にすることで、アーティストの新しい制作活動をサポートすることができ、国内の文化芸術の発展にも役立つ。

発売元のCasie担当者は、BIZNEWS365の取材に「すでに100本以上の予約が入っている。新生活の時期に合わせ来年春頃に、第二弾を予定している」と語った。

予約サイト

https://casie.official.ec/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. ドラえもんと日清サラダ油100周年コラボ!発売100周年記念新CM、キャンペーンスタート

  2. ロバート・ウォルターズ・ジャパン ブランドコンセプトを一新、DEI推進に注力

  3. 楽天とOpenAI、通信業界向けのAIツール開発で協業

  4. 自治体のサイバー対策を強化

  5. ハッカー集団ロックビットが再開

  6. 音楽含むマルチモーダルAIモデル「AnyGPT」、AIの“パラメータ”を生成するAI「P-diff」など重要論文5本を解説(生成AIウィークリー)

  7. テレ東が広告申込みをオンライン化!

  8. radiko新サービス!ポッドキャスト配信開始

  9. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  10. ロボットの料理宅配開始へ

365AIニュースセンター最新記事

  1. 【日経平均株価】史上最高値更新も実感 ゼロ? 今こそ【新NISA】で資産形成を始めるべき理由

  2. 長草くん×17LIVE!TikTok発人気キャラの衝撃コラボ

  3. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  4. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  5. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  6. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  7. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  8. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設