防災機器を『飾れる』 ナナメ上をいく「アートな消火器」1/17発売決定! 担当者は取材に「すでに100本以上の予約が入っている」

『令和4年版消防白書』によると、発生した建物火災の55.9%が、住宅火災だという。

たばこやコンロ、電気機器からの出火が主な原因。

そんな時の初期消火に役立つ、「アートな消火器」が2024年1月17日に発売される。

大惨事を防げる可能性

火災が起きてしまったとき、被害を最小限に抑えるために何よりも大事なのが、早い段階で火を消す「初期消火」。

なお、初期消火に最も多く使用されているのは消火器で、成功率は75.7%となっている。

よって、仮に火が出てしまった場合にも、消火器を使うことで大惨事を防げる可能性が高まる。

消火器の備え次第で、初期消火の明暗はわかれるにも関わらず、使用率は18.9%。

必要なときに、十分活用しきれていない現状があるのだ。

隠してしまっている場合も

オーソドックスな消火器といえば、学校や公共施設などに置かれている真っ赤なもの。

住宅用消火器がすでにある家庭でも、見栄えが気になって、普段は目につかない場所に隠してしまっている場合もある。

いざという時にすぐ取り出せる場所にあってこそ、本来の消火器の役割を果たすことができるのだ。

さらに、普段から目に付く場所に消火器を置いておくことで、自然と防災意識を持つことにつながる。

日頃から置きたくなる

今回「アートな消火器」を発売するのは、絵画レンタルサブスクリプションサービスを運営する「Casie」。

日々の暮らしをより豊かに、安心できるような「機能」をまとわせ、手に届く場所に日頃から置きたくなる消火器を目指したという。

すでに100本以上の予約

また「アートな消火器」は、購入した金額の一部が、アーティストに還元される仕組みを採用。

消火器を手にすることで、アーティストの新しい制作活動をサポートすることができ、国内の文化芸術の発展にも役立つ。

発売元のCasie担当者は、BIZNEWS365の取材に「すでに100本以上の予約が入っている。新生活の時期に合わせ来年春頃に、第二弾を予定している」と語った。

予約サイト

https://casie.official.ec/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ