23区内最大級の大型団地がリニューアル!幅広い世代が新マンション誕生に祝福

東京・石神井公園団地マンション建て替えプロジェクトにより新たに建設されたマンション「Brillia City 石神井公園 ATLAS」の竣工イベントが11月19日に開催された。

オープニングイベントには練馬区エリアに縁のある評論家の山田五郎氏をはじめ、石神井公園団地マンション建替組合の理事長・黒河内剛氏ら、再生プロジェクトを手掛けた担当者が登壇。記念のテープカットをはじめ、トークイベントでは2007年から始まったこのプロジェクトにかける思いや、練馬区エリアの魅力などを伝えた。

本プロジェクトは、都内最大級の大型団地であった旧石神井公園団地(1967年竣工)の老朽化に伴う大規模な建替プロジェクト。「100年続くコミュニティのはじまり」をテーマに、歴史を刻み街の人に愛された旧石神井公園団地は再生を目指し、2023年に大規模マンションへと生まれ変わった。

高度経済成長期に多くのマンションが建設された背景があり、築40年以上のある古いマンションが10年後には約260万個、20年後には約450万個にも及んでしまう“ストック化”が問題だと言われている。マンションが古くなるにつれて、設備の老朽化、住居者の高齢化、耐震不足などの課題が付随される現状が懸念されているとのこと。

これらの課題を踏まえて、東京建物株式会社の大橋利安氏は「マンションを再生するのは建物を維持したまま長期修繕していくのか新たに建替を考えるのか、まずはそういった議論が一番時間のかかる部分かと思います」と伝えた上で「現状(住人の)皆さんの4/5の同意がないと建替には進められない」と話す。また、今回マンションが新装され、建物としての付加価値はもちろん、多世代の方がご入居されるので、以前よりも若い世代が増加傾向にあるとのことだ。

中学生の頃に、旧石神井公園団地へ引っ越してきたと話す黒河内氏。「もう半世紀以上が経ってしまいましたが、練馬は緑や畑も多いイメージです。石神井公園という有数の都立公園もあります。その公園の近くにはブルーベリー農家もあり、農業体験もできるなど、東京23区でありながらも、住居環境についてはどの世代にも自慢できるところだなと思います」と周辺の魅力を伝えた。

さらに同マンションのゲストサロン敷地内には地域情報に触れられる交流の場として「Shakuji-ii BASE」をオープンし、マンション住人はもちろん、今後引越を検討している方でも気軽に立ち寄ることができるようなコミュニティスペースを運営。住人同士のコミュニティ形成や地域とのコミュニケーションなども積極的に取り組んでいる。

同マンションは現在も販売を行なっているので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。
https://shakujiikoen.brillia.com

◆取材・文・撮影=suzuki

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ