「プール熱」の流行続く今年の冬 その傾向と対策とは… クリニック院長に聞いた

東京都は16日、都内の感染症について、今月12日までの1週間の1医療機関あたりの感染者数を公表。

子どもを中心に感染する「咽頭結膜熱」いわゆるプール熱が、3.48人で前の週の1.27倍に増加し、引き続き警報の基準を超えている。

BIZNEWS365は、東京むさしのクリニック院長で内科医の橋本将吉氏から、今年の傾向と対策について、詳しく聞いた。

激烈な喉の痛み

橋本院長によると、プール熱の原因ウイルスであるアデノウイルスに感染すると、高熱が続き、激烈な喉の腫れや痛み、目ヤニや目の充血が見られるという。

よく見られる症状は咽頭炎で、結膜炎も加われば、咽頭結膜熱と呼ばれる。

なお、プールで感染することが多いため、プール熱と呼ばれるが、プールに入らなくても感染する。

流行時期がずれた

なぜ、今年は冬に流行しているのかについて、橋本院長は「元々アデノウイルスは、感染力が非常に強いウイルス。6月頃から徐々に流行し始め、7~8月にピークを迎えるのが通常だった」。

「しかし、新型コロナウイルスの流行に伴い、手洗いやマスクなどの感染対策が行われるようになり、流行時期がずれたものと推測される」と話す。

なお、アデノウイルスは口内や鼻の粘膜、さらに眼の結膜から感染。

また、アデノウイルスは特効薬がないため、対症療法になる。

そのため、予防が重要となってくる。

睡眠時間の確保

橋本院長は、まず手洗いとうがいの徹底を強調。

うがい薬については「うがい薬を使うことにより、感染リスクの低下や症状の軽減につながることはない。水道水で十分」と橋本院長。

さらに「感染者との接触はなるべく避けること。タオルも別に使うようにしないと感染する」と話す。

最後に「正しい情報を得ることが予防の第一歩。睡眠時間をしっかりと確保し、免疫力を下げないようにすることも大事」とアドバイス。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. ドラえもんと日清サラダ油100周年コラボ!発売100周年記念新CM、キャンペーンスタート

  2. ロバート・ウォルターズ・ジャパン ブランドコンセプトを一新、DEI推進に注力

  3. 楽天とOpenAI、通信業界向けのAIツール開発で協業

  4. 自治体のサイバー対策を強化

  5. ハッカー集団ロックビットが再開

  6. 音楽含むマルチモーダルAIモデル「AnyGPT」、AIの“パラメータ”を生成するAI「P-diff」など重要論文5本を解説(生成AIウィークリー)

  7. テレ東が広告申込みをオンライン化!

  8. radiko新サービス!ポッドキャスト配信開始

  9. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  10. ロボットの料理宅配開始へ

365AIニュースセンター最新記事

  1. 長草くん×17LIVE!TikTok発人気キャラの衝撃コラボ

  2. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  3. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  4. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  5. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  6. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  7. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  8. NTTが個人分身AI「Another Me」開発