「プール熱」の流行続く今年の冬 その傾向と対策とは… クリニック院長に聞いた

東京都は16日、都内の感染症について、今月12日までの1週間の1医療機関あたりの感染者数を公表。

子どもを中心に感染する「咽頭結膜熱」いわゆるプール熱が、3.48人で前の週の1.27倍に増加し、引き続き警報の基準を超えている。

BIZNEWS365は、東京むさしのクリニック院長で内科医の橋本将吉氏から、今年の傾向と対策について、詳しく聞いた。

激烈な喉の痛み

橋本院長によると、プール熱の原因ウイルスであるアデノウイルスに感染すると、高熱が続き、激烈な喉の腫れや痛み、目ヤニや目の充血が見られるという。

よく見られる症状は咽頭炎で、結膜炎も加われば、咽頭結膜熱と呼ばれる。

なお、プールで感染することが多いため、プール熱と呼ばれるが、プールに入らなくても感染する。

流行時期がずれた

なぜ、今年は冬に流行しているのかについて、橋本院長は「元々アデノウイルスは、感染力が非常に強いウイルス。6月頃から徐々に流行し始め、7~8月にピークを迎えるのが通常だった」。

「しかし、新型コロナウイルスの流行に伴い、手洗いやマスクなどの感染対策が行われるようになり、流行時期がずれたものと推測される」と話す。

なお、アデノウイルスは口内や鼻の粘膜、さらに眼の結膜から感染。

また、アデノウイルスは特効薬がないため、対症療法になる。

そのため、予防が重要となってくる。

睡眠時間の確保

橋本院長は、まず手洗いとうがいの徹底を強調。

うがい薬については「うがい薬を使うことにより、感染リスクの低下や症状の軽減につながることはない。水道水で十分」と橋本院長。

さらに「感染者との接触はなるべく避けること。タオルも別に使うようにしないと感染する」と話す。

最後に「正しい情報を得ることが予防の第一歩。睡眠時間をしっかりと確保し、免疫力を下げないようにすることも大事」とアドバイス。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ