あなたはどっち派? 「きのこの山」「たけのこの里」海外進出、本格始動!

11月17日、株式会社明治がロングセラーブランドである「きのこの山」「たけのこの里」(通称:きのたけ)のグローバル展開にあたり、海外支社の関係者を集めた「きのたけグローバルサミット」を明治京橋ビルにて開催。

サミットでは、「きのこの山」の開発担当である本多了氏が登壇し、開発に関わる思いを話した。

本多氏は、研究開発をする上で、アイデア出しの会議以外に必要なのは「モノの本質を見極めること」と明かし、「特にお菓子はそうですが、どんな場合でも、夢を抜きにした仕事はないですよ。夢を持たないと商品はできません。研究だけではなく、生活のすべてを通して一生懸命に考えていきました。それをつき進めていくことで、ある日突然、ハッと気付いて、ホッと安らぐ。人生はそんなものですよ。」とお菓子作りへの情熱を語った。

88歳になった今でも足腰が丈夫で元気に過ごせている理由は「『きのこの山』『たけのこの里』のおかげです。意欲を駆り立ててくれる『きのこの山』『たけのこの里』は、私の大切な息子のように、人生において役立ってくれました」と本多氏。熱いスピリットからは、「きのこの山」「たけのこの里」が今なお愛され続ける理由を感じ取ることができた。

同サミットでは、きのたけのグローバル戦略アクションと今後の展望も発表された。グローバル戦略のひとつは、「きのこの山」型ワイヤレスイヤホンの商品化。7月に公式X(旧ツイッター)にて、公開した試作品が大きな反響を集めたことがきっかけで開発が決定したとのこと。

127言語対応の同時翻訳機能付きで、「世界進出していくにあたり、言葉の山を越える」というコンセプトを体現。後日、詳細情報の発表を予定している。

「みんなに、おいしく、おもしろく。」の精神で、世界中の人々を楽しませ続けるきのたけ。今後の海外進出にも目が離せない。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。