30・40代の8割が「疲れ」を感じる 「帰宅後の家事」は女性の疲れを助長

マーケティング・リサーチ会社の「クロス・マーケティング」は、全国20歳~69歳の男女を対象に『疲れに関する調査(2023年)』を実施した。

調査結果

疲労の程度として「疲れている」と回答した人( とても疲れている~やや疲れている・計)は74.9%。特に30・40代では8割を超える。

どのような疲れを感じているかを聴取したところ「仕事の疲れ」が46.5%と最多。

「眼・脳・筋肉」の身体的な疲れだけでなく、「人・スマホ/SNS」など精神的な疲れも上位にあがる。

男性は「仕事の疲れ」、女性は「家事疲れ」が高い結果となった。

「疲れを感じるシーン」の男女の違い

疲れを感じるシーンは、「仕事でもう帰れるときの急な依頼」がTOP。

僅差で「家に帰ってきて家事が残っていたとき」「帰りの電車が混んでいたとき」「自分の思うようにまわりが行動してくれないとき」が続く。

女性は「家に帰ってきて家事が残っていたとき」が最も高く、「部屋中にモノが散乱しているとき」が続く。

女性への家事負担の重さがうかがえる。

疲れた時にやりたいこと

疲れたときにやりたいことは「睡眠を十分にとる」が47.8%と半数近く、次いで「1人で過ごす」が多かった。

「なにもしないで過ごす」「ゆっくりと入浴する」「好きな音楽を聴く」「好きなものを食べる」が2割台にあがる。

「好きなものを食べる」は、女性で3割と高かった。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ