日常に溶け込んだコーヒーチェーン店

全日本コーヒー協会によると、全国の喫茶店の数は1981年の15万4630店をピークに減り続けており、2021年には5万8669店。

40年で62%も減っている。

代わって増え続けているのが、スターバックスなどの大手コーヒーチェーン店だ。

コーヒーチェーン店「4強」

なかでも下記の4社は「4強」とも言われ、その店舗数は突出している。

(いずれも公式Webサイト掲載の店舗数)
 スターバックス  1,846
 ドトールコーヒー 1,067
 コメダ珈琲店    966
 タリーズコーヒー  700

4社とは店舗数に差があるが、サンマルクカフェ、プロント、星乃珈琲店、珈琲館、カフェ・ド・クリエ、カフェ・ベローチェなどが「店舗数ランキング」に顔を出している。

コーヒーチェーン店、7割が利用

株式会社ナビットは、1,000人を対象にコーヒーチェーン店について調査した。

20~80代の男女にコーヒーチェーン店を利用するかアンケートをとったところ、以下のような結果となった。

アンケート対象者の7割が、コーヒーチェーン店を「利用する」と回答している。

最も好きなコーヒーチェーン店ランキング

続いて、「最も好きなコーヒーチェーン店」を尋ねたところ、以下のような結果となった。

最も好きなコーヒーチェーン店のトップスリーは「スターバックス」281人、「コメダ珈琲店」130人、「ドトールコーヒーショップ」125人。

回答者の居住地にもよるが、実際の店舗数とほぼ似通った傾向を示している。

人気とともに増え続けるコーヒーチェーン店。

見ない日はないほど、日常に溶け込んでいる文化といえるのではないだろうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ