障がいのある女子高生ドローンパイロット 最年少で国家資格の一等無人航空機操縦士を取得

障がいのある女子高校生ドローンパイロットの宮崎美侑さん。

足を使ってドローンを操縦し、最年少で国家資格である一等無人航空機操縦士の技能証明を取得した。

技能証明を取得した背景

宮崎美侑さんは、2020年より一般社団法人国際ドローン協会のヤング・チャレンジド(障がいを持つ若者たち)向けのドローン講習会に参加し、操縦の技術を高めていた。

生まれつき両手が不自由な宮崎さんは、両足を使ってドローンの操縦を行う。

しかしハンディキャップを感じさせないほど上手な操縦で、ドローンスクールを卒業。

続いて実地試験、学科試験、身体検査のすべてに合格し、一等無人航空機操縦士の技能証明も取得した。

16歳での一等無人航空機操縦士の技能証明取得は最年少記録であり、また、重度の障がいを持つ方が技能証明を取得した日本初の事例でもある。

社会に貢献できるタックスペイヤーへ

ヤング・チャレンジドの中には、大人になっても自活が難しく支援団体や補助金制度の力を借りて生きている方が多く存在する。

まずテクノロジーの力を使い、社会に助けてもらうのではなく、積極的に社会へ貢献する。

そして、税金を受け取るのではなく、税金を支払うタックスペイヤーを目指す。

ヤング・チャレンジドが社会へ貢献できる人材へとなるためのツール、テクノロジーの1つがドローンだ。

宮崎さんが一等無人航空機操縦士の技能証明を取得したことで、今後ますますハンディキャップを抱えた方が社会に貢献する道の1つとして、ドローンが注目されると期待される。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。