大阪の定番ギャグ「ちゃうちゃうちゃうんちゃう?」から生まれたほっこりフレーバーティー新登場

みどり製菓株式会社は大阪らしい楽しさと美味しさが詰まったフレーバーティー「大阪ちゃうちゃうちゃシリーズ」を11月6日より発売する。

「ちゃうちゃうちゃうんちゃう?」

「ちゃうちゃうちゃうんちゃう?」「ちゃうちゃうちゃうちゃうちゃう?」

これらは「チャウチャウ犬ではないのではないか?」「いいえ、チャウチャウ犬でしょう?」という意味だ。

大阪弁を元にした、大阪では定番のダジャレである。

このダジャレから生まれた商品が「大阪ちゃうちゃうちゃ」だ。

笑顔で感謝を伝えるギフト

みどり製菓は大阪で1959年に創業して60年以上、半生菓子と呼ばれる細工ゼリーや琥珀糖等を製造してきた老舗の菓子メーカーである。

専務取締役の翠大輔氏が「笑顔で感謝や気持ちを伝えられるプチギフト」として企画・商品化した。

ダジャレが隠れている

今回発売された、愛らしい「ちゃうちゃう」がロゴマークのフレーバーティーは全部で6種類。

それぞれのパッケージにダジャレが隠れている。

「安眠・快眠・これジャスミン。」とシトラスジャスミン茶。

「サンキューベリーマッチ」なミックスベリー茶。

「ティー」と「チャー」で先生が描かれている黒豆プーアル茶。

「えらいこうちゃ。」なスパイシーチャイ。

「おちゃちゃうんちゃう?」と目を疑いたくなる青いお茶のバタフライピー茶。

王のオキニ(お気に入り)で「おおきに」のアールグレイ紅茶。

どれも説明しなければわかりにくいものばかりである。

お土産として渡す相手が関西圏外であればなおさらだ。

翠大輔氏は、「お土産・プレゼントとして誰かに手渡した時に会話と笑顔が生まれる商品にしたいと思いました」。

「クスっと笑って、お茶を飲んでホッとリラックスしていただけるコミュニケーションツールになればと思っています」とコメントしている。

商品は新大阪、梅田、難波などの小売店舗もしくはみどり製菓の通販サイトで購入することができる。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ