日本人の半数以上が「精神的疲労感」を抱える――疲労対策には「3つのR」が必要

年末年始の慌ただしい時期、多くの日本人が疲労を感じていることが明らかになりました。2023年に実施された「日本の疲労状況2023」調査によると、日本人の7234.4万人が「疲れている」とのこと。

また株式会社ビタポールが実施した調査では、現代人の約52%が「精神的疲労感」を訴えており、その71%が「精神的疲労感からくる身体的疲労感」も感じているという結果も出ています。

疲労感の原因は、職場や家庭での人間関係、情報過多、マルチタスクなど多岐にわたります。精神的疲労と身体的疲労は密接に関連しており、一方が他方を強めることも少なくありません。

TPCマーケティングリサーチ社が行った調査では、疲労予防へのニーズが高まり、8割以上の人が「疲れないように対策したい」と考えていることが判明しました。疲労対策商品に期待される効果としては、「疲れの予防」が47.9%でトップ。また、「今後行いたい疲れ対策」として、食事の栄養バランスや睡眠の重要性が挙げられています。

杏林大学名誉教授の古賀良彦氏は、疲労対策として「Rest(休息)、Relaxation(くつろぎ)、Recreation(楽しみ)」の3つのRが必要だと提唱。ストレスの蓄積による疲労に効果的であり、特に精神的疲労感に対しても有効とのこと。

さらに、疲労対策としての食品利用には、エビデンスのあるものを選び、安全性と好ましい味・香り、そして手頃な価格が求められているとのこと。精神的疲労感に関する調査データを発表したビタポール社によると、近年、疲労感対策としてSACというにんにくに含まれる希少な疲労対策成分も注目されているとのこと。

この調査結果は、現代社会における疲労感の実態を浮き彫りにし、日々の生活における疲労対策の重要性を示しています。ストレスや疲労に対応するためには、生活の質の向上とともに、食事や睡眠、そしてRecreationの時間を大切にし、疲労の蓄積を防ぐことが求められるでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ