盛り上がるピッチイベント、オンラインピッチに新たなビジネスチャンス

国内でピッチイベントが盛り上がりを見せており、昨今様々なイベントが開催れているようだ。YouTubeで人気を博し、ニュース記事でも話題になる「令和の虎CHANNEL」もその一つだ。「令和の虎CHANNEL」は、少しエンターテイメント性の高い配信を行いながらも、多くの視聴者を惹きつけ、チャンネル登録者数は109万人を超えるほどの人気を誇っている。

そもそもピッチイベントは、起業家が短時間で事業計画を投資家や企業幹部にプレゼンする場であり、本来は資金調達や提携を目的としている。さらに、商品やサービスのプロモーション、社内会議でのアイデア提案など、幅広いシーンでも活用されている。

オンラインでの開催も増えていて、品川にある株式会社アースキーが主催する「earthkey pitch」は、2018年10月から毎月、2023年5月からは毎週開催され、これまでに500社以上のスタートアップ企業が登壇している。

その人気も年々上がり、開催は100回目を迎えている。

取材に対し、同社林晋之介社長は
「参加者からは、新規サービスを知れる有意義な時間だったとの声や、earthkey pitchを通じて繋がった企業に投資を行ったなど価値あるつながりやビジネスチャンスに感謝するコメントが寄せられている」とコメント。

登壇者の声からも、ピッチイベントがスタートアップ企業にとって重要な役割を果たしていることが分かり、活発になっている理由もわかる。今後も新たなビジネスの可能性が広がることが期待される。

取材・情報協力
株式会社アースキー
【100回記念】未来を覗けるスタートアップピッチイベント
「earthkey pitch vol.100 & earthkey pitch Award」を2024年1月10日に、オンラインにて無料開催予定とのこと。
詳細 https://earthkey-pitch-vol-100.peatix.com/view

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。