販売できない犬猫たちに家族を。 里親と優良ブリーダーのマッチングサイトをリリース!

厳選したブリーダーを紹介しているfumi fumi合同会社 から、ブリーダーが里親に直接譲渡を行う「ペットの最後のおうち」のWebサイトがリリースされた。

当サイトでは、ブリーダーが所有している生まれつき病気を持つ犬や後天的に感染症を発症した猫などを掲載し、その情報を通じて里親候補者が見学を申し込むことができる。

リリースの背景

ペットの販売には、健康な状態での販売が要求される。

しかし、ハンデを抱えている犬猫は一定数存在し、犬の中には発達障害の兆候が見られる場合もあるが、これまで病気や障害がある犬猫たちをブリーダーが直接引き渡すための環境は整備されていなかった。

通常の流れでは、ブリーダーの元で一定期間育てられた後、ブリーダーが動物愛護団体に依頼するか、ペットオークションで動物愛護団体が購入または引き取り、その後里親家族に譲渡されるのが一般的である。

この譲渡方法のメリットは、動物愛護団体が行う、年収や家族環境などの審査を経て引き渡すことができる点だが、一方で、里親家族にとっては、ブリーダーの飼育環境や病気の原因が不明瞭なまま譲渡されることがあった。

同様に、ブリーダーも里親家族の情報を動物愛護団体から受け取ることができず、手放した犬猫と再会することはない。

これらの背景から、「ペットの最後のおうち」では、ブリーダーと里親家族との直接的なコミュニケーション手段を提供することとなった。

このリリースによって、ペット業界の透明性を向上させることを目指している。

利用方法

1.「ペットの最後のおうち」のサイトから気になる犬・猫に申込

2.メールや電話などでブリーダーと相談

3.ブリーダーの犬舎・猫舎で見学

4.トライアル開始/譲渡費用支払い

5.トライアル終了 正式譲渡へ

譲渡する犬猫にかかった治療費用の一部を里親家族が負担する。

ハンデを抱えた犬猫は、ブリーダーが手をかけた結果、人懐っこい傾向があるのが特徴だ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. ドラえもんと日清サラダ油100周年コラボ!発売100周年記念新CM、キャンペーンスタート

  2. ロバート・ウォルターズ・ジャパン ブランドコンセプトを一新、DEI推進に注力

  3. 楽天とOpenAI、通信業界向けのAIツール開発で協業

  4. 自治体のサイバー対策を強化

  5. ハッカー集団ロックビットが再開

  6. 音楽含むマルチモーダルAIモデル「AnyGPT」、AIの“パラメータ”を生成するAI「P-diff」など重要論文5本を解説(生成AIウィークリー)

  7. テレ東が広告申込みをオンライン化!

  8. radiko新サービス!ポッドキャスト配信開始

  9. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  10. ロボットの料理宅配開始へ

365AIニュースセンター最新記事

  1. 【日経平均株価】史上最高値更新も実感 ゼロ? 今こそ【新NISA】で資産形成を始めるべき理由

  2. 長草くん×17LIVE!TikTok発人気キャラの衝撃コラボ

  3. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  4. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  5. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  6. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  7. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  8. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設