「GIFTech」、エンジニアの「テクノロジーとモノ創りを楽しむ才能」を伸ばすプロジェクトが春に開催

のプロジェクト「GIFTech ~テクノロジーとモノ創りを楽しむ才能~」のプロジェクト発表会が1月15日、都内にて開催された。

プロジェクトの概要のご説明のほか、全国のエンジニアの最新の意識調査から導き出したという、エンジニア業界における課題および2024年のテックトレンドとなる「次世代エンジニア像」の発表や、同プロジェクトに沿ったインタビュアーがエンジニアの方々に向けて行われた。

全国のZ世代エンジニアを対象に行った意識調査では、エンジニアという職業に対して「やりがいを感じていない」、「将来(キャリア)に対してポジティブなイメージを持てない」など、ネガティブな意識やイメージが多数を占めることがわかった。

そこで、エンジニアがやりがいを感じ、大きく成長できる機会創出が早期に必要と感じ、なりたいエンジニア像を目指せるZ世代を含む若手エンジニア向けのプロジェクトとして「GIFTech ~テクノロジーとモノ創りを楽しむ才能~」が開発され、24年春に開催される。

「GIFTech」は、エンジニアの創造性を刺激し、モノ創りの喜びを再発見するためのプロジェクト。アカデミーや次世代型ハッカソンを通じて、仲間と共にプロダクトやサービスをゼロから開発するアイディアや技術を深掘りしていく。これらの体験からエンジニアたちの「テクノロジーとモノ創りを楽しむ才能」を伸ばす事を目指す。

「GIFTech」のポイントは次の3つに分けることができる。一つ目は「ゼロから開発ができるスキルを身につける」、二つ目は「仲間と共創する能力を習得する」、そして三つめは「キャリア向上につながらプロダクトの開発」となっている。

発表会後半には、本プロジェクトにおいてコンテンツの共創を行う企業とのトークセッションを実施。

長年エンジニアとして活躍するmenu株式会社の寺田耕史さんが登壇した。

サービス開発で苦労した点について、友兼さんは「いろんな機能を積んでしまう。何かが当たればいいという考えがある。機能を多く作ることでコストがかかったり、検証にも時間がかかる。本当に必要なものを話し合いながら、いらないものを削いでいくということを意識していました。上から大事なものを残していく吟味の仕方」と、今までの経験を伝えた。

家庭用ロボ「カチャカ」の開発に携わった寺田さんは、「仲間との共創」というテーマについて、「ものづくりが絡むので、デザインを決めるというところで皆さんと時間を使って決めました。最初に機能だけを作った状態から、ものをどうやって広めていくかというコンセプトがあって、それに合うようにデザインを作る。ものとしては作れるけど、量産するときに作りやすさも問題になってきます。どうやって現場の人が作るか、なども考えて作る必要があるので、かなり広い範囲の人と話し合って進めることが必要になってきます」と、デザインが決まるまでの過程を説明した。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ