QRコードで発信することができる電話「MiiTel Scan to Call」サービスを発表

新しい電話発信サービスの登場

株式会社RevComm(レブコム)は、新サービス「MiiTel Scan to Call(ミーテルスキャントゥーコール)」をリリースした。このサービスは、QRコードを使って簡単に電話をかけることができる。従来の電話発信方法を革新する全く新しいサービスである。

「MiiTel Scan to Call」は、あらかじめ発行されたQRコードをスキャンすることでブラウザが起動し、特定の電話番号に音声発信できるサービスだ。これにより、チラシや新聞、雑誌、ウェブサイト、モバイルサイトなど、異なるメディアごとに発行するQRコードを分けることで、問い合わせの多い経路を特定することができる。

企業と顧客の利便性向上

通話前に入力フォームを用意し、発信者にアンケートを行うことで事前情報を入手し、円滑なコミュニケーションを図ることが可能だ。キャンペーン別や媒体別のスキャン回数や通話件数を測定し、どのメディアから情報を入手したかといったデータを可視化することができる。

QRコードを読み取って電話をかけた発信者は無料で利用でき、料金は導入企業が負担する。

QRコードの普及と新たな利用法

現在、QRコードは銀行ATMの利用や飛行機の搭乗、買い物の決済など、さまざまな場面で利用されている。「MiiTel Scan to Call」は、このQRコードの利便性を電話発信にも活用することで、ダイヤルプッシュが不要でワンクリックで電話をかけることができる。

企業は、媒体ごとに発行するQRコードやボタンを分けることで、問い合わせの多い経路を簡単に特定でき、通話前に入力フォームを設置することで、発信者の情報を入手し最適なコミュニケーションを図ることができる。

効果的なマーケティングツールとしての活用

マーケティング活動の一環として、キャンペーン別や媒体別のスキャン回数や通話件数を測定し、企業が管理するGoogle Analyticsアカウントにイベントを送信することができる。これにより、顧客がどの場所からどのような媒体を通じて製品やサービスを知り、どのような情報をきっかけとしてお問い合わせに至ったかを可視化できる。

これまで、コールセンターやお問い合わせ窓口における電話記録は、マーケティングデータとして活用することが困難だったが、「MiiTel Scan to Call」によって自動的に情報の蓄積が可能となる。新聞、雑誌、チラシなどの紙媒体にQRコードを掲載することで、紙媒体を含むあらゆる広告の効果測定を容易に行うことができる。これにより、定量データに基づくマーケティング分析が可能となり、より精緻なマーケティング戦略構築に活かすことができる。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施