京都市がVR婚活イベントを開催! 4組のカップル誕生!! 担当者は取材に「京都市への移住・定住につなげたい」

京都市は、恋愛メタバース「Memoria」を提供するFlamersと連携し、11月18日にVR婚活イベントを開催した。

街コン形式

マッチングや、京都市在住および京都市への移住を希望する独身男女を募り、街コン形式での婚活イベントを実施。

イベントでは、開会式後に、1対1で10分間ずつ話をする時間がもうけられた。

参加者は、VRを使ってデートしているという共通点があるため、初めてのVRに感動したり戸惑ったりしながらも、会話を弾ませていた。

4組のカップル誕生!

なお、参加者10名中、4組のカップルが成立。

京都市内在住同士のマッチングのほか、京都市と大阪市、京都市と東京在住者も、マッチングが成立した。

非日常体験

参加したきょんさんは、「VR婚活に興味があったので参加しました。VRは初めてだったのですが、非日常体験ができておもしろかったです」と話す。

また、シオンさんは「今はSNSでの出会いや、ゲームで仲良くなって結婚という友達も普通にいるので、こういった出会い方は今後ありだと思います」と語った。

追加でデートも…

今回の婚活イベントでカップルが成立した二人は、Memoriaで追加のデートをし、夜の海や宇宙のワールドで会話を楽しんでいた。

今後もMemoriaで会話をし、意気投合したら京都市でリアルのデートをする予定だという。

住む場所に関わらず

京都市の担当者は、BIZNEWS365の取材に「京都市への移住・定住促進という目標があるので、お住まいの場所に関わらず参加できる機会を提供したかった」と話す。

(画像:京都市役所)

今後については「今回試験的に実施したので、今回の結果を分析し、次回以降につなげていきたい」と述べた。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。