企業や団体が街を清掃、「第16回 東京エキマチ キラピカ作戦」が開催

11月8日、東京駅周辺エリアの就業者などによる大規模清掃活動「第16回 東京エキマチ キラピカ作戦」が開催された。

3エリア合同の「東京エキマチ キラピカ作戦」は、JR東京駅、丸の内・八重洲・日本橋・京橋エリアの就業者などが、東京駅・行幸通り周辺・八重洲・日本橋などからなる「東京エキマチ」エリアにて清掃活動を行う。この日、参加者は駅に溜まった埃を払い、歩道の空き缶やゴミなどを拾うといった清掃活動に励んだ。

キラピカ作戦は2002年に初開催されたプロジェクト。20年近くの歴史があり、初期に数百名規模だった参加者は現在1,000人前後まで増えた。2020~2021年の間は新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、小規模での清掃が行われていたが、2022年からは1,000人規模での清掃活動を再開。そして、今回の第16回には126企業・団体より過去最多となる1,231人が参加した。

今回、清掃に参加したのは、東京駅を始めとして銀行、保険会社、ホテル会社、建設会社といった周辺の企業や団体に所属する就業者。参加者は朝、街の清掃をし、そのまま職場などに戻り仕事をするという流れで「キラピカ作戦」に参加している方が多いとのこと。

東京駅丸の内広場で行われた開会式に登壇したJR東日本東京駅長の百瀬孝氏が登壇し「本日は早朝から『第16回 東京エキマチ キラピカ作戦』にご参加いただきありがとうございます。本日、参加いただいてる方は1,231名と最多の人数となっています。来年12月には東京駅が開業110周年を迎えます。開業当時の大正時代の着物を着た清掃隊の方にも参加いただいています。来年の開業110周年に向けて、機運醸成となればと思っております。一足早い年末の大掃除でありますがみなさんのご協力を得て、綺麗な東京駅、愛される東京駅にご協力いただければと思います」と参加者に向けて挨拶した。

前回までの同プロジェクトと異なる点として、「大丸有キラピカ作戦」の清掃エリアの拡大が挙げられる。昨年までは行幸通りを中心に清掃が行われていたが、人数が多いこととこのエリアはゴミが少ないことから、大手町から有楽町までの範囲を広げて清掃活動できるようになったそうだ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ