テレワークをきっかけに「スぺパ」意識 

「スペパ」とはスペースパフォーマンスのこと。

費用対効果の「コスパ」・時間対効果の「タイパ」と並んで、「スペパ」=空間対効果、つまり空間の利用効率を良くする暮らし方・過ごし方が近年注目されている。

「スぺパ」とは?

この「スペパ」を意識して、物の配置や生活スタイルを実践する人が増えている。

余分なものを持たないようにしたり、1台で複数の機能を持つ家具・家電を選ぶことで部屋をスッキリさせたりすることも「スペパ」を意識した生活の一つ。

自宅内での動線が良くなって時間効率が良くなったり、持ち物を必要最小限の荷物に限るようにすることで無駄な出費が減ったり、いずれタイパ・コスパにも影響するのが「スペパ」だ。

株式会社アンビシャスはこの「スぺパ」についてアンケートを実施した。

認知度

関東地域の「スぺパ」認知度は3割弱(29.8%)。

単身向けマンションに住んでいる方の認知度が高い(52.6%)傾向だった。

なお、全国の認知度は3割弱(27.0%)で、関東とほぼ同じ割合。

実践率

「スペパ」を実践していると答えた人は関東で約6割(60.0%)。

戸建てと単身向けマンションでの実施率が約8割(各80.0%)だった。

居住スペースが限られる都市部において「スペパ」への関心が高いことが分かる。

なお、全国では52.8%が「スペパ」を実践していると答え、関東よりやや低い割合だった。

きっかけは「テレワーク」

関東・全国ともに第1位だったのは「テレワークにより自宅環境を整えるため(関東48.1%・全国42.1%)」だった。

コロナ禍において急速に浸透したテレワークにおいて、限られたスペースで日常生活もテレワークの業務も快適に行うために自宅の「スペパ」を意識して実践した人が多いようだ。

コロナ禍が落ち着いた今も働き方の一つのかたちとしてテレワークがなおも続いているケースは多い。

今後も引き続き自宅で「スペパ」良く働く方法が注目されそうだ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ