首都圏商業施設の集客力ランキング、トップは2年連続で『ルミネ新宿』

株式会社日経リサーチは10月31日、約6万人の生活者を対象に、東京都とその近郊の商業施設の利用実態を調査した「施設と駅のセンサス」施設編のデータ提供を開始した。

今回は2023年9月に、1都3県の商業施設265か所(一部圏外の大型アウトレットも含む)について実施。

また、調査結果に基づく、集客力(直近3か月以内の来場経験)が高かった商業施設のランキングを発表した。

1位は2年連続で「ルミネ新宿」

1位は2年連続で「ルミネ新宿」だった。

来場者数でも他の施設を大きく引き離し、不動の地位を築いている。

TOP10の顔ぶれは去年とほとんど変わらず、去年の上位10施設のうち9施設は今年もTOP10に入っていた。

転換期を迎える百貨店

また、TOP10には、去年同様、ショッピングセンターと百貨店が5施設ずつランクイン。

建て替えや再開発が多く予定されるなど、首都圏の百貨店は転換期を迎えている。

新型コロナウイルスの5類への移行、インバウンドの拡大や円安などを追い風にして来場者を維持・拡大できるかが、百貨店復活の鍵になりそうだ。

「施設と駅のセンサス」施設編

今回の調査「施設と駅のセンサス」施設編は、首都圏約6万人の居住者を対象とした、商業施設の利用実態や属性に関する調査である。

2022年に従来の「商圏センサス」首都圏版を大幅リニューアルし、今回が第2回となる。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ