座りすぎから解放!山善の電動昇降デスクでワークスタイル革命

健康と生産性を追求する現代の働く人々にとって、適切なデスク選びは極めて重要です。株式会社山善が提供する「ハイグレード天板タイプ」の電動昇降デスクは、まさにこのニーズに応える製品です。厚生労働省が警告するように、長時間座り続けることは、「寿命が短くなる」「肥満度が高くなる」といった健康リスクと直結しており、集中力の欠如による労働生産性の低下にもつながります。これらのリスクを回避するため、山善はこの電動昇降デスクを開発しました。


オフィスや自宅の作業環境を一新するこのデスクは、立ちながら仕事ができる「スタンディングワーク」と、従来の椅子へ座って仕事ができる状態に簡単に切り替えることができるため、健康的なワークスタイルをサポートします。
山善の電動昇降デスクは、安定感と耐久性を提供するために「安定性」「水平力」「強度」「天板のたわみ率」等の項目で独自の厳しい基準を設け、第三者機関にて品質試験を実施しています。



電動昇降デスクの脚部は、産業機器等を手掛けるメーカーの部材を採用するなどしっかりとした頑丈なつくりになっています。山善の電動昇降デスク従来の天板は厚さ1.8cmでライトな見た目が魅力的な一方、しっかりとしたつくりの脚部とのバランスを求める声もあったため、「ハイグレード天板タイプ」は、厚さ3.5cmで重厚感のあるデザインにしました。

さらに、「ハイグレード天板タイプ」の電動昇降デスクには、2つのAC電源とUSBポートが付いています(特許申請中)。また、天板の裏には鉄製のプレートが付いていて、マグネット式アクセサリーも取り付けられるので、一日中の作業をスムーズにします。




楽天やサイバーエージェントなどの有名企業では、早くから電動昇降デスクを導入しており、すでに電動昇降デスクの効果を実感しているようです。立ち仕事がもたらす集中力の向上や、全身の血流促進は、労働生産性を高めることにも繋がります。山善の電動昇降デスクは、これらの企業が経験したような、健康と効率を同時に追求する環境を提供します。山善の電動昇降デスクは、これらの企業が経験したような、健康と効率を同時に追求する環境を提供します。



現代のオフィスワークにおいて、効率と健康は不可分の関係にあるため、電動昇降デスクの導入を推奨します。
電動昇降デスクは、座った状態と立った状態を簡単に切り替えることができ、長時間の座り作業による体の疲れや不快感を軽減できます。これにより集中力が持続し、生産性が向上します。
さらに、立ち作業を取り入れることにより、肩こりや腰痛の予防、血行の促進、筋力の維持など、日々のオフィス環境における健康面での利点があります。
加えて、電動昇降デスクは作業者のニーズに応じてデスクの高さを調整できるため、一人ひとりの体調や仕事内容に合わせた最適な作業環境を提供します。このように個々のニーズに対応できる点は、固定式デスクとは一線を画します。
電動昇降デスクの導入は、より快適で健康的なワークスペースを実現し、業務の生産性向上に貢献するでしょう。電動昇降デスクの導入を検討することは、現代のオフィス環境における賢明な選択と言えます。

商品名・型式: 電動昇降デスク メモリー付き USBコンセント付き
「ハイグレード天板」タイプ
幅100cmタイプ:ELD-U1070
幅120cmタイプ:ELD-U1270
幅140cmタイプ:ELD-U1470
外形寸法(約): 幅100cmタイプ:幅1000×奥行700×高さ725(最小725~最大1185)mm
幅120cmタイプ:幅1200×奥行700×高さ725(最小725~最大1185)mm
幅140cmタイプ:幅1400×奥行700×高さ725(最小725~最大1185)mm
※高さは脚部を含む。
構造部材  : 脚部:金属(スチール)
甲板の表面材: 合成樹脂化粧繊維板(メラミン樹脂)
表面加工  : 脚部:エポキシ樹脂塗装
商品情報  : https://book.yamazen.co.jp/special/detail/4
価格    : オープン

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ