AWS、日本に2兆2,600億円の投資計画発表

Amazon Web Services, Inc.(AWS)は、日本でのクラウドサービスの需要拡大に応えるため、2027年までに2兆2,600億円の投資を行う計画を発表しました。この投資は、日本の国内総生産(GDP)に5兆5,700億円を貢献し、年間平均30,500人以上の雇用を支える見込みです。2011年からの投資総額は3兆7,700億円に達すると推計されています。

AWSは日本市場において、2011年から2022年にかけて1兆5,100億円を投じており、この期間中に日本のGDPに1兆4,600億円の貢献と7,100人を超える雇用の創出があったとされています。これらの雇用は、建設、設備保守、エンジニアリング、通信など多岐にわたる分野に及んでいます。

AWSの日本での活動は、2009年に最初のオフィスを開設して以来、2011年にはアジアパシフィック(東京)リージョン、2021年にはアジアパシフィック(大阪)リージョンを開設するなど、拡大を続けています。日本政府のデジタルトランスフォーメーション(DX)施策の推進とともに、クラウドサービスの需要も高まっており、AWSはこれに応える形でデータセンターの建設やネットワークの整備に力を入れています。

平井卓也デジタル大臣は、デジタル技術の国内での利用促進や開発力強化のために、AWSの投資を歓迎しており、AWSジャパンの長崎忠雄社長も、AWSのクラウドインフラへの投資が日本経済にプラスの影響をもたらすと述べています。

さらに、AWSは生成AIのイノベーションを加速するために、Amazon Bedrockの提供を開始し、生成AIイノベーションセンターに1億ドルを投資するなど、デジタルテクノロジーの利用を進めています。これにより、日本の多様な産業や組織が生産性を高め、顧客体験を変革する上で重要な役割を果たすことが期待されています。

また、AWSは気候変動対策に関する誓約の一環として、再生可能エネルギーへの投資も拡大しており、日本では4件のオフサイト再生可能エネルギープロジェクトに投資しています。これらの取り組みは、環境負荷の低減にも寄与すると見られています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. ドラえもんと日清サラダ油100周年コラボ!発売100周年記念新CM、キャンペーンスタート

  2. ロバート・ウォルターズ・ジャパン ブランドコンセプトを一新、DEI推進に注力

  3. 楽天とOpenAI、通信業界向けのAIツール開発で協業

  4. 自治体のサイバー対策を強化

  5. ハッカー集団ロックビットが再開

  6. 音楽含むマルチモーダルAIモデル「AnyGPT」、AIの“パラメータ”を生成するAI「P-diff」など重要論文5本を解説(生成AIウィークリー)

  7. テレ東が広告申込みをオンライン化!

  8. radiko新サービス!ポッドキャスト配信開始

  9. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  10. ロボットの料理宅配開始へ

365AIニュースセンター最新記事

  1. 長草くん×17LIVE!TikTok発人気キャラの衝撃コラボ

  2. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  3. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  4. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  5. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  6. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  7. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  8. NTTが個人分身AI「Another Me」開発