歴史的建造物がズラリ並ぶ「江戸東京たてもの園」の楽しさが倍増!4月に鑑賞支援Webアプリ「江戸東京たてもの園鑑賞ナビ」提供開始

「江戸東京たてもの園」(運営:公益財団法人東京都歴史文化財団)は、4月25日、鑑賞支援Webアプリケーション「江戸東京たてもの園鑑賞ナビ」のリリースを予定している。

これに伴い、3月27日、江戸東京たてもの園・東ゾーンの子宝湯にて、トークイベント「復元建造物を観察する―建築×テクノロジー」を開催。本アプリの開発を手掛けたDNPコミュニケーションデザインの佐藤凌也氏と江戸東京たてもの園学芸員が登壇し、開発背景や活用方法、今後の展開を紹介した。

江戸東京たてもの園は、約7ヘクタールの敷地を有し、文化的価値の高い歴史的建造物を移築して復元・保存・展示する野外博物館。「どういった順路で見ればよいかわからない」「時間がないので見どころだけ知りたい」「音声ナビがあったらいいな」といった来園者の声を受け、東京都が推進する「TOKYOスマート・カルチャー・プロジェクト」の一環として、本アプリの開発に至った。

本アプリの大きな特徴は、インストールの必要がなく、利用者のスマートフォンのブラウザ上で動作するWebアプリケーションとして、すぐに使えるところだ。シンプルで直感的な操作ができるデザインになっており、若年層から年配層までが安全で気軽に利用できる。さらに、各歴史的建造物の解説機能や、マップモードとARモード機能も有する。

一押しの機能を尋ねられると、佐藤氏は「みどころ解説」を挙げ、「学芸員の方々がぜひ見てほしいと薦めるポイントをピックアップしております。たとえば、子宝湯の玄関上には七福神の彫刻があります。普段気にしない箇所も、みどころ解説の情報によって気になっていき、建造物に興味をもって鑑賞いただけるのではないかと思います」と紹介した。

4月のリリース後も、本アプリはお楽しみポイントや解説ポイントなどの機能を順次追加する予定。佐藤氏は、「家族連れの方も多いので、ゲームのように遊べる機能が実装されたら面白いなと思っています。たとえば、江戸東京たてもの園内の建物の写真を撮って、アプリケーション上でスタンプラリーやクイズラリーができる機能があれば、再訪のきっかけになるのではないかと思います」と今後の展望を語った。

江戸時代にタイムスリップしたような気分を味わえる歴史的建造物が一挙に並んだ江戸東京たてもの園。4月にリリース予定の「江戸東京たてもの園鑑賞ナビ」を活用し、昔の日本に想いを馳せられる東京観光を楽しんでみては。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施