イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

イオンは2024年6月21日から、電子レシートを拡大し、イオングループの約4,000店舗で提供を開始する。電子レシートは、購入した商品や日付、店名などの情報をスマートフォンで確認できる仕組みである。これにより、お客さまは紙のレシートを持ち歩く必要がなくなり、利便性が向上するとのこと。

環境への配慮と持続可能な社会の実現

電子レシートの導入により、年間で約7.8万本の樹木に相当するロール紙が削減できるとされている。イオンはこの取り組みを通じて、環境負荷の軽減と持続可能な社会の実現を目指している。イオンのトータルアプリ「iAEON」を利用することで、電子レシートの利用が可能であり、スマートフォンにレシート画像を保存することもできる。返品や領収書発行にも対応しているため、紙のレシートと同様に便利である。

「iAEON」では、イオングループ店舗での紙削減によるEco効果を可視化し、利用者に実感してもらう取り組みも進め、今後も多様なニーズや環境に配慮したサービスを提供し、お客さまの満足度向上に努めていくとしている。

対象店舗の拡大

今回の電子レシート導入は、以下の19社が対象となる。

  • イオンリテール㈱
  • イオン北海道㈱
  • イオン東北㈱
  • イオン九州㈱
  • イオン琉球㈱
  • イオンリテールストア㈱
  • ㈱サンデー
  • イオンスーパーセンター㈱
  • イオンバイク㈱
  • イオンリカー㈱
  • ㈱ダイエー
  • イオンマーケット㈱
  • マックスバリュ東海㈱
  • マックスバリュ北陸㈱
  • ㈱光洋
  • まいばすけっと㈱
  • イオンビッグ㈱
  • イオンウエルシア九州㈱
  • R.O.U㈱

イオンの電子レシートの導入は、環境保護と利便性向上を両立するための大きな一歩である。これにより、紙の消費を削減し、持続可能な社会への貢献を続けていくことが期待されている。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施