臭い・手間を一切感じさせない最新のスマートゴミ箱が日本上陸

従来のゴミ箱やスマートゴミ箱の煩わしい多くの課題をクリアにした次世代のスマートゴミ箱『JustBeEasy E1』が、11月24日までクラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGで販売されています。

詳細ページ(GREEN FUNDINGのプロジェクトページ)
https://greenfunding.jp/carpediem/projects/7803/

従来のスマートゴミ箱の課題とは?

生活へ密接に関わるゴミ箱。しかし、そのゴミ箱が持つ衛生的な問題やゴミ袋の交換の手間は、実はストレスの大きな要因となっていると説明。加えて、スマートゴミ箱は技術的な制約からボディが大きかったり、特定のゴミ袋を使用しなければならなかったりと、日本の住宅環境や自治体のルールに合わせるのが難しい問題もあるようです。

『JustBeEasy E1』の特長

JustBeEasy E1には、ゴミを捨てる際のストレスになる原因を解消する多くの特長があります。

開閉センサーを搭載し、ハンズフリー体験を実現しています。また、ゴミ袋は自動で密封され、取り除いた後には新しいゴミ袋が数秒で自動交換されます。これにより、雑菌等に触れることなく、かつ手を汚す心配もないとのこと。

さらに、JustBeEasy E1は業界で最もスリムな筐体(16cm)を採用しているため、トイレ横の隙間にも簡単に収まる設計。また、蓋を持ち上げれば大きなゴミでも自動で密封することが可能なオーバーロード機能を搭載しています。

充電ポートにはユニバーサルモダンケーブルであるType-Cを採用。専用のゴミ袋カートリッジは約1か月間、25回の使用が可能で、1回あたりのコストは約27円となっています。

JustBeEasy E1はIPX4の防水仕様を備えており、静音設計にも配慮されています。商品出荷前には厳格な品質検査が行われ、安心の1年保証が付いているとのこと。

ゴミの手間ゼロ、日常のストレスを一掃
ゴミ袋を結ぶ手間、ゴミ袋のセッティング、衛生的な問題などのゴミ箱やゴミを捨てる全てのストレスは、『JustBeEasy E1』によって解消されるとのこと。また、このようなスマートゴミ箱の登場は、私たちの生活をより便利で快適なものにするだけでなく、環境保護にも寄与すると期待されます。

JustBeEasy E1は11月24日までの限定販売、現在最大30%の特別割引を実施中とのこと。興味のある方は早めにチェックしてみてください。

■商品概要
商品名:JustBeEasy E1
価格:16,800円(税込)
サイズ:342*160*341mm
カラー:アイボリー
素材:ABS

■クラウドファンディングプロジェクト概要
プロジェクト名: ほぼ全自動!自動開閉&ゴミ袋密封&交換がもたらす感動のハンズフリー体験
\\\スマート(高機能)なのにスリム///【ゴミ袋に触れる必要がないから衛生的】
販売期間:2023年10月16日~2023年11月24日まで
販売サイトURL:https://greenfunding.jp/carpediem/projects/7803/
起案者: KKトレーディング

■会社概要
株式会社ジャパニスタ
代表者:小林 大介
所在地:東京都中央区晴海3-10-1 Daiwa晴海ビル 2F
事業内容:スマートプロダクトの企画・開発・販売
URL:https://www.japanista.jp/
X(旧Twitter):https://twitter.com/Japanista_JP
Instagram:https://www.instagram.com/japanista_jp/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施