「ブルサン クランベリー&ペッパー」を使用した三國清三シェフ監修のコース料理でブルサンチーズの魅力を紹介

8月29日、レストラン ラー・エ・ミクニにて「ブルサン」新製品発表・試食会が開催。ベル ジャポン株式会社のフランス生まれのフレッシュチーズブランド「ブルサン」は、9月1日より、約5年ぶりとなる新フレーバー「ブルサン クランベリー&ペッパー」を全国で新発売する。

「ブルサン」は、フレッシュチーズならではのミルク感あふれる濃厚なチーズの味わいと、厳選されたハーブや香辛料などの豊かな香り、なめらかな口どけ、そしてほろほろとした独特の食感が特長とされている。

約5年ぶりとなる新フレーバー「ブルサン クランベリー&ペッパー」は、2017年まで販売されていた「クランベリー」から、クランベリーを19%増量。ブルサンチーズの濃厚さはそのままに、甘酸っぱいクランベリーの味わいと、ピリッとするペッパーがアクセントになっており、“大人の夜のご褒美デザートチーズ”に最適とのこと。

本イベントでは、フレンチシェフの三國清三氏がプロデュースする「レストラン ラー・エ・ミクニ」で、三國シェフ監修のブルサンを使用したコース料理の試食が行われた。

まず、ブルサン ブランドマネージャー 金原大悟氏が新商品の説明などを行った。今回のイベントの実現のきっかけになったのは、三國シェフのYouTubeチャンネル「オテル・ドゥ・ミクニ」を見たことだという。動画で紹介している料理にブルサンチーズが使用されていることが多数あり、視聴者から「動画を見てブルサンのレシピを作りました」や「動画を見てブルサンのことを知りました」といったようなコメントがあったそうだ。そういった影響力の大きさから三國シェフに依頼することになったとのこと。

コース料理のメインディッシュはブルサン ペッパーを使用してソースを仕上げた「鶏胸肉のファルシー、ロティ、ブルサンペッパーソース合え」、デザートにブルサンの新商品を使用した「ブルサンクランベリー&ペッパーと酒粕のミクニ風ティラミス」などの内容。ティラミスと一緒に北海道の上川の日本酒も一緒に提供され、意外にもデザートにも合う日本酒となっていた。ティラミス自体に新フレーバー「ブルサン クランベリー&ペッパー」が使用されているほかに、下に敷かれたソースも酒粕と合えたものとなっている。

そのほかに提供された「サーモンのミキュイ、ブルサンガーリック&ハーブとフェンネルクリームソース」の「ミキュイ」とは、火が通っているようで通っていないようなほどの半生の状態を表す。絶妙な火加減で調理されたサーモンは歯ごたえがとても柔らかく、火が通っているのにパリパリとした焼いた食感はない。

ソースはブルサンガーリック&ハーフと牛乳や生クリームを合わせてとろみのあるものとなっている。ソースの味は濃厚でパンに付けても合うものとなっていた。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。